FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

464:感謝をすることは神の命令_convert_20191130042336

感謝をすることは神の命令



 皆さん、今日は感謝祭にちなんで感謝ということを考えてみました。 


 ところで皆さんは、感謝をすることは神の命令であることをご存知でしたか? 旧約聖書の詩篇は、至るところで「主に感謝せよ」と述べています。また、新約聖書でも繰り返し「すべての事に感謝しなさい」と勧められています。


 たとえばエペソ5:20には、「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい」とあります。


 またコロサイ3:17には、「あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい」とあります。


 さらにⅠテサロニケ5:18には、「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです」と言われています。


 しかし、なぜ聖書は「すべてのことについて感謝しなさい」と命じているのでしょうか。私たちはこの言葉を見ると「すべての事に感謝などできません」と言いたくなります。


 普通は、良い事があれば感謝し、悪い事があれば腹を立てたり、悲しんだりします。しかし「すべての事について」とは、良い事はもちろんですが、悪い事もということです。そうなると普通では難しいことです。


 ところが、この言葉をよく見ると、ただ「感謝しなさい」ではなく、「主イエス・キリストの名によって神に感謝しなさい」と言われています。つまり、感謝とは神への祈りであり、すべての事を支配しておられる神の絶対主権を認めるということなのです。


 たとえば、目の前で悪い事が起きた時でさえ、「今こういう事が起きました。でもイエス・キリストの名によって、この事を神に感謝します」ということなのです。


 そんなバカな!?


 車の事故を起したら、多くの場合、「ああ、何で事故なんて起したんだろう。もっと気をつけて運転をしておけばよかった」と後悔します。それから今度は、相手を悪者にしようとします。次に、どうやって壊れた車を直そうか、お金はどうしよう、と後始末のことを考えます。つまり、私たちの心は、怒り、心配、不安な思いを抱きこそすれ、感謝な気持ちになどなれません。


 あなたは病気や怪我をしたとき、それを感謝できますか?「果たして、治るだろうか? 治療費はいくらかかるだろうか?という思いに支配されるのが普通かも知れません。治った後なら感謝もできるでしょうが、問題の只中で感謝をすることなどできません。むしろ、つぶやき、不平不満、怒りが出てくるでしょう。普通の人ならそれが普通だと思います。


 しかし聖書は「すべての事に感謝しなさい」と命じています。また「いつも喜んでいなさい」と命じています。そんな不可能なことをと思うかも知れませんが、ここで私たちが知らなければならないことは、感謝や喜びというのは、感情ではなく、意思的な選択だということです。つまり意思的な選択であれば、問題の只中にあっても、その状況を感謝することも可能だということです。


 では、なぜ聖書は、私たちの自然な感情の反応に反して、そういうものに感謝することを命じているのでしょうか。マーリン・キャロザーズは『讃美の力』という本の中でこう教えています。


 「困難な問題や病気や災難のゆえに神を讃美するということは、文字通り、その病気や災難が起こったことを私たちの人生における神のご計画の一部として受け入れて、賛成することを意味します。それは、今起こっているその事に対して神が責任を取っておられるという事実を受け入れることになるのです。そうでないなら、その事で神に感謝するということは意味を成さないでしょう。神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」


 つまり、こういうことです。どんな状況の中でも、これが神の計画の一部であり、神が益になるように働いて下さることを信じて、その事に感謝するのです。そうすると、神は「では、そうしましょう」と言って益となるように働かれるのです。


 逆に、もしあなたが嘆いたり、不平不満を漏らすなら、神が益となるように働かれることを邪魔することになるのです。

 それからもう一つ、感謝をすることで、私たちは自分自身の幸福感を増すことができます。私たちは、幸せというものはどれだけ物事が上手くいっているかによると教えられてきました。しかし実際には、私たちの幸せは、私たちの態度で決まるのです。それは、私たちが物事をどう捉えるかによるということです。もし私たちが状況に関係なく感謝を表わす人になることを学ぶなら、それは私たちの幸せを大いに改善することになるでしょう。


今日の一言: すべての事に感謝しよう



鶴田健次

2019.11.30 04:20 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.