FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

7-5-2019_convert_20190706061248.jpg

敵への愛は自分のためのもの



 自分の子供にはたっぷりの愛情を注ぐのに、他人の子供にはそうすることを惜しむお母さんがいます。なぜなら、そのお母さんは、愛は注げば注ぐほど減るものだと思うからです。だから他の子供には使えないのです。しかし、本当の愛は、使えば使うほど、その人の中で育ち、増えていくものです。

 もしあなたが、自分の気に入る人が現れたら、その人を愛するけれど、そういう人がいないから愛が湧いてこないと考えるなら、それはちょうど素晴らしいピアノが目の前にあったら自分は上手に弾けるのにと言うのと同じです。立派なコンピュータを手にしたら自分は上手な文章が書ける。立派な勉強部屋があったら自分は偉い学者になれると言うのと同じです。


 一度もピアノの練習をしたことがない人が、どうして上手に弾けるでしょうか。毎日練習をしていればこそ上手に弾けるのです。だから、いつも、この人は肌が合わない。この人は苦手だ。この人は愛するに値しない。そう思っている人には、愛が湧いたり、愛が育つことはありません。


 むしろ肌の合わない人、苦手な人、平凡な人、つまらない人と思う人を、自分にとって意味のある人、大切な人、愛すべき人としていくときに、その人の心に愛が育っていくのではないでしょうか。なぜなら本物の愛は感情の愛ではなく意志的な愛だからです。


 「敵への愛」を試みようとしない人、いつまでも練習しない人は、いつまでもその愛が、身内への愛、仲間うちへの愛、利害を共にする者への愛、自分によくしてくれた者への愛という感情の愛にとどまるのです。

 自分の子供を愛するお母さんには愛があります。しかし、それが自分の子供だけにしか注がれない愛ならば、その愛は愛であっても、他の人に対しては決して使われない種類の愛です。


 自分の仲間しか愛さない愛、自分と利害が一致する者しか愛さない愛、自分の身内しか、自分に感謝してくれる相手しか、自分に特別なことをしてくれる相手にしか注がれない愛は、どんなに犠牲的な愛のように見えても、それは欲望と執着で凝り固まった愛です。

 イエス様は、愛は愛でも、自分を愛してくれる者以外には、妬みや、恨み、無視、反感、意地悪となって現れる愛があることを、敵を愛する愛で教えようとされました。そして、そこに留まる限り、人はイエス様が語られる愛に出会うことはないのです。

 皆さんは、キムデジュンという方を覚えておられるでしょうか? 日本では金大中と言われていた方です。1970年代から80年代にかけて何回も投獄され、裁判では繰り返し死刑判決を受けながら、その後、韓国の大統領になられた方です。


 この人が獄中から家族や友人に出した手紙が「金大中獄中書簡」という書名で出版されています。その中に、三男の金弘傑(キムホンゴル)氏に当てた手紙があります。その一部をご紹介します。


「愛する(ホンゴル)よ。お父さんは誰も恨まず、誰も憎まない。お父さんがこうした心の変化を得るようになったのは、以前の3年間の獄中生活の時、神の教えについてたくさんの本を読み、イエス様の言葉と行動を思い、自分のこととして受け入れる中で、私が本当にイエス様の弟子になろうとするなら、この道しかないとハッキリ思い知ったからだ。そればかりか、お父さんは自分のこれまで犯してきた罪と過ち、そして、人知れず抱いた邪悪な思いを知っている。そうした私の罪をスクリーンに映し出すように、主の前でひとつひとつ挙げていく時、果たして私が誰を裁き、誰を断罪することができるのかと痛切に感じるのである。私たちは自分が罪人であるがゆえに、他者を、敵さえも赦さなけれぱならない。赦しは神の前にあって最も強い愛だけがなし得る。赦しはあらゆる人々との平和と和解の道だ。それだから、赦しは喜びの心をもってしなければならない。私たちはイエス様が十字架で釘打たれながら、ご自身を処刑した人々をお赦しになったことを無駄にしてはならない。一生の間、他者を理解し、赦し、愛する生活をしようと努力するなら、必ずやお前の将来は、物質的あるいは社会的地位や名声がどうであっても、決して悔いのない平和と喜びの生涯を送ることができると確信する。お父さんはこうしたことに気づくのが、あまりにも遅かったと残念に思っている。」

 いかがでしょう。イエス様が「敵を愛しなさい」と言われる時、それは敵のためではありませんでした。それは憎しみに囚われ、人生を間違えてしまう私たち自身のためでした。

 イエス様が金持ちに「施しなさい」と言われる時も、それは貧しい人たちのためではありませんでした。金持ちが金銭に囚われ、人生を大切でもないもので一杯にしないようにするためだったのです。



今日の一言: 人を赦し愛することは自分自身のため



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2019.07.06 06:13 | お知らせ
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.