FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

bible_convert_20190511042214.png 

バイブルとは?


皆さんはバイブルと聞いて何を連想されますか? もともとバイブルという言葉はギリシャ語のビブロスに語源があり「本」という意味です。キリスト教の聖典である聖書は、この言葉に定冠詞を付けられ、それは「本の中の本」、つまり、その分野で最も重要かつ権威ある書物であることを意味します。


聖書の発行部数は諸説ありますが、国際聖書協会の発表によると、2000年の1年間に約6億3300万冊の聖書が発行されています。また、無料配布の聖書などを入れると数十億冊とも言われたりします。3200以上の言語に翻訳され、その実績から「永遠のベストセラー」と言われてきました。


聖書が他の追随を許さない驚くべきベストセラーであり続ける理由は、それが人間の言葉ではなく神の言葉だからです。聖書は、旧約聖書39巻、新約聖書27巻から成り、それらは1600年の間に、約40人の人々の手によって記されました。その40人は違う時代に生きた人々ですが、その内容は、まるで一人の人が書いたような調和と統一性があるのです。その驚くべき事実について、聖書は自ら、「聖書はすべて、神の霊感によって書かれた」と述べています。つまり、聖書は神の霊感を受けたものだからこそ、そのような背景で書かれたにもかかわらず一冊の本に成り得たということです。それが、聖書を「神の言葉」と呼ぶ一つの根拠です。


アポロ14号が月に行ったとき、16ヶ国語で書かれた4500ページの聖書が月に運ばれました。聖書は、地球から他の天体に運ばれた最初の本です。聖書はあらゆる意味で偉大で、世界中の多くの人々に計り知れない影響を与えました。


たとえば、19世紀のイギリスの大政治家W.E.グラッドストンは、「私はこの時代に、偉人と呼ばれる95人の人を知っている。うち87人は、聖書を奉ずる人であった。聖書の特色はその特異性にあり、他のあらゆる書物を無限に引き離している」と言いました。またアブラハム・リンカーンは、「聖書は、神が人間に下さった最良の賜物である。人間にとって望ましいものはすべて聖書にある」と言い、インド独立の父マハトマ・ガンジーは、「私の生涯に最も深い影響を与えた書物は聖書である」と言いました。


聖書には、一貫し、完結した、明解な世界観が記されています。人類の始まりから終わりまでの歴史を記し、すべての人が絶対に聞かなければならないメッセージを伝えています。聖書はまた預言の書で、その的中率は100%です。その驚くべき不思議な事実を通して、人々が神の存在を知り、聖書を神の言葉として受け入れるように神は願っておられるのです。


 人々は今日、様々な知恵と知識を持つに至りましたが、悩みと迷いは益々深くなっていくばかりです。迷い出た羊は、自分で帰路を見い出すことが出来ません。そこに本当の道を指し示すものが聖書という人生のハンドブックなのです。あなたもぜひ一読を!



今日の一言:聖書は知恵の宝庫



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2019.05.11 04:23 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.