FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

思い煩いは、百害あって一利なし

 the.jpg 

思い煩いは、百害あって一利なしです。それは、タバコを吸うようなもので、害にこそなれ、何の益にもなりません。思い煩っても、状況が良くなるわけではありません。家庭や職場の環境が変わるわけでもありません。貧しい人生が豊かになるわけでもなく、年老いた人が若くなるわけでもなく、病人が癒されるのでもなく、死ぬべき人が生き返るわけでもありません。

 

イエス・キリストは、山上の説教の中で、「あなたがたのうち、だれが思い煩ったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか」とおっしゃいました。

 

 思い煩いは、全く無用の長物です。それにも拘わらず、多くの人が毎日、様々な思い煩いの中で暮らしています。心配しようが、しまいが、私たち人生の中で起こるべきことはすべて起こるのですが、それでも思い煩うのです。

 

 ノーマン・ビンセント・ピールは、「心配事」に対する或る研究機関の調査結果を引用して、「人が心配することの中で、実際に起こらないことに対する心配が40%、すでに過ぎ去ったことに対する心配が30%、別に重要でもないことに対する心配が22%、人間の力ではどうしようもないことに対する心配が4%である」と言いました。言い換えれば、人々の思い煩いの96%が、実際には思い煩っても仕方のないものであるということです。

 

 つまり、人が思い煩うことの中で、実際に起こるものは僅かに4%です。それも、思い煩ったからといって何も変わることがないばかりか、私たちに精神的落胆という大きな害を及ぼすのです。

 

 旧約聖書の箴言15:13を見ると、「心に喜びがあれば顔色を良くする。心に憂いがあれば気はふさぐ」とあります。思い煩いや、憂いのある人は、その顔を見たら分かります。それほどまでに、心の心配は肉体的にも大きなショックを与えるということです。

 

 第ニ次世界大戦のとき、約20万人のアメリカの兵隊が戦死したそうですが、同じ時期に、約200万人のアメリカ人が、息子や兄弟を戦場に送り出したことによる心配や不安などの影響で死亡したと言われています。つまり、戦争よりもっと恐ろしいのが思い煩いなのです。

 

また箴言17:22には、「陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯らす」という言葉があります。医学的に説明すると、私たちの自律神経は自律器官の中に入っていますが、私たちが思い煩うと、自律神経の一部が私たちの心臓、じん臓、すい臓、胃腸など、自律神経で動く器官にダメージを与えるそうです。この神経を交感神経と言いますが、思い煩いは交感神経を刺激して、私たちの器官にダメージを与えます。その結果、心臓の動悸が激しくなり、食べたものが消化されず、尿の色が黄色になるなどの現象を起すのです。

 

 しかし、信仰と希望と愛と喜びを持って心が安らかであれば、副交感神経を刺激して、体を癒し、健康にしてくれます。聖書の御言葉は、すでに数千年前に、今日の科学が発見した事実を明らかにしているのです。

 

 ですから皆さん、心配事があったり、腹が立つことがあったりする時には、十分に気をつけて下さい。たとえどんな理由があっても、腹を立てたり、思い煩ったりしたら、交感神経を刺激して心臓や肝臓や腎臓や胃腸に害を与えるのです。

 

 ある専門機関でこんな実験がされました。ある人をカンカンに怒らせ、その人の口にビニール袋をあてて、その息を採取し、それを冷凍した後、溶かして注射器に入れ、ネズミに注射したところ、2分も経たずにそのネズミが死んでしまったそうです。つまり怒りを発したら、恐ろしい毒がその人の息から出るということです。

 

それに対し、心に平安をもって、人を愛し、赦し、慈しみを施すなら、副交感神経を刺激して、体が健康になり、ちょっとした体の故障などは反対に癒されるのです。

 

「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ467

 

 

今日の一言: 思い煩わないうようにしよう

 

 

鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

 

2019.02.09 06:44 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.