FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#417:聖書の終末預言(その10_convert_20181229032850 


聖書の終末預言(その10)



 イエス・キリストはマタイの福音書243233節で終わりの日の前兆について、次のように語られました。


「いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。」


このように主イエス・キリストは、聖書預言をもとに時代を読むようにと命じておられます。


聖書の預言は100%の的中率ですから、聖書の終末預言の中にある預言はやがて必ず100%成就します。ですから、聖書の終末預言をもとに将来の世界の動向を予測することは、この世のどんな専門家の予測よりも確実性があると言えるかも知れません。


 患難時代には、「復興ローマ 帝国」が興ります。また「バビロンの淫婦」と呼ばれる世界大の宗教組織が興り、復興ローマ帝国を裏で操作しますが、後に「獣」と呼ばれる反キリストの登場によって滅びます。この反キリストは復興ローマ帝国を支配し、やがて世界政府を打ち建て、世界の総督になります。そして、「自分こそ神だ」と全世界に宣言し、世界中の人々に自分を拝むように強いるのです。


 これらは患難時代になってから起こることことの一部ですが、あるものは既にその預言の成就に向って動き始めていると言ってもよいかも知れません。聖書を神のことばと信じる私たちは、聖書の終末預言をもとに今の時代を逆読みし、偽りの多いメディアの報道に騙されない、世界の動向を見抜く目を養いたいと思います。



世界政府


 
患難時代の前半で世界政府が樹立されることは既に書いたとおりですが、現在の欧州連合(EU)の世界版のようになると思われます。つまり世界中で通貨が統一され、世界政府の憲法のもとに各国が管理されることになるでしょう。そして反キリストと呼ばれる人物がこの世界政府の総督になります。


 417 1 


彼は7年間に及ぶ患難時代の中盤で、自分を神であると宣言し、世界中の人々が自分を拝むことを強いるようになります。しかし、その初めは極めて平和的で、世界中が彼の台頭を喜び、また同様に世界政府の誕生も世界中から歓迎されることでしょう。なぜなら、数世紀に渡って世界政府の樹立を目指してきた人々の洗脳支配が実を結ぶからです。
 
 では、どのような人々が世界政府の樹立を目指してきたのでしょうか。それは近年になってより鮮明に世界の表舞台にその力を現わし、世界中の国々を背後から動かすまでになった人々です。彼らは信用創造という紙幣を印刷する権利を手に入れた国際金融資本家たちで、今や世界の経済を自由にコントロールし、大不況と世界規模の戦争さえ起こす力を持っています。彼らはヨーロッパを皮切りに、アメリカや世界中の中央銀行を統一し、その支配は金融界のみならず、エネルギー、食糧、医療、情報などの分野にまで及んでいます。


では、この国際金融資本家たちの政策目的はどこにあるのでしょうか。彼らは何をもくろんでいるのでしょうか。それは歴史が教えてくれるでしょう。しかし、分かっていることは、権力者は世界支配をするまで決して満足しないということです。国際金融資本家たちは過去一世紀に渡って常に自分たちの権力を増強し、固める努力をしてきました。銀行制度を改革することで世界経済を操作し、彼らの支配権を拡大してきました。


 
彼らの究極の目標は、通貨圏をつないで世界通貨同盟を創り出すことです。単一の中央銀行が運営する世界の単一通貨、それが実現すれば、国際金融資本家たちの権力は頂点に達するでしょう。このような銀行家たちの世界統一通貨へ向けての動きだけを見ても、世界の裏側には世界政府に向けての伏線が張られていることを容易に想像することができます。


 
地球環境問題やエネルギー資源問題、さらに食糧問題など、世界中で地球規模の問題が起こり始めています。世界中の人々に、「もはや自分の国のことだけを考えていてはいけない」という意識が芽生えつつあります。それはとても大切なことです。しかし、陰謀の首謀者たちはそこに付け入って、自分たちの権力を掌握するために人々を騙し、反キリストの仲介による一時的な平和、そして世界政府の樹立へと世界は導かれていくのではないかと想像します。

    

世界統一通貨


 
ここで世界統一通貨が現れることの聖書的な根拠について触れたいと思いますが、以下の黙示録13:16-18は、666の刻印に関する預言です。反キリストを象徴する獣が、人々に自分の名前の付いた刻印を押すという内容です。
 

「また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。」


417 2 


 
多くの人が「666」の数字を忌み嫌いますが、その理由がこの聖書個所です。また同時にこの「666」の意味は歪んで解釈されています。本当の「666」の意味は、上記にあるように反キリストの名前です。この意味を解釈するにはゲマトリアと呼ばれる数秘術の知識が必要となります。


 聖書の原語であるヘブル語とギリシャ語には一つの文字にそれぞれ数字が割り振られていました。例えばα(アルファ)は1、β(ベータ)は2、と言うふうに続きます。「666」が名前であるとは、「獣の名」つまり反キリストの名前のゲマトリアが666になるということです。つまり彼が世界の表舞台に現れた時、彼の名前をギリシャ語またはヘブル語に変換すると、その数字の合計が「666」になるという意味です。


  では、来るべき反キリストの名前を右手か額に刻印するとは、どういう意味でしょうか。そのしるしが無いと売ることも買うことも出来ないとあることから、これが経済システムの一環であることが分ります。つまりこれが世界統一通貨システム到来の聖書的根拠です。


 しかもこの制度ではすべてが電子決済で、キャッシュレスの時代になるということのようです。そして右の手か額に「666」の刻印が押されることになります。その刻印とは微小の電子チップをインプラントして「666」の経済システムを確立するのかも知れません。


鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.12.29 03:33 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.