FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#402-「不都合な真実」_convert_20180908035646 


不都合な真実



あなたは他人を批判をするのが好きですか? 人を批判するのは結構楽しいものです。決して良い方法ではありませんが、人を批判することによって一時的に自分を安心させることができるという妙な効果があります。


また岡目八目と言われるように、誰でも他人の欠点はよく気が付くものです。しかし、他人の批判は極力しないということが、豊かな人生を生きるための重要な極意であることを知ることはとても大切なことです。


いつも批判する人というのは、他者をありのままで受け入れることができない人です。他人のする事が気になり、自分の考えに合わないとすぐに何かを言わずにいられないのです。そんな人は、それが自分の心の中にある未解決の問題と無縁ではないことに気付く必要があります。


では、なぜ他者をありのままで受け入れることができないのでしょうか? それは、ありのままの自分を受け入れることができないからです。


ところが、そういう人には「相手のためを思って」という信念があるので、批判ではなく善意のアドバイスとしか思っていません。しかし、良い人間関係を求めるなら、「人は不都合な真実は聞きたくないものである」という原則を知らなければなりません。


たとえ、それが事実で、どんな大義名分があっても、聞きたくない事を聞かされれば、人は決していい気分ではいられません。


聖書の中に、「人を裁いてはいけない。自分が裁かれないためである」という言葉があります。他人を批判することは、他人を裁くことです。つまり、「人を裁くほどあなたは立派なのですか?」という問いかけです。


もし誰かを批判したくなったら、その言葉を飲み込んで、相手の良いところを褒めてあげましょう。そうすれば友を得ます。



今日の一言: 人は不都合な真実は聞きたくないものである



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.09.08 03:58 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.