FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#399-「障害者という者は存在しない_」_convert_20180818023545 


障害者という者は存在しない



皆さん、お元気ですか?


まずはこちらの動画をご覧ください。私はこれを見て甚く感動し、忘れかけていた大切なことを改めて教えられました。


いつ頃からか、アメリカでは障害者のことをHandicapped personDisabled personではなくChallenged personと呼ぶようになりました。これは障害を持った人を「挑戦という使命を与えられた人」「挑戦する機会や資格を与えられた人」と呼ぶことで、障害を否定的に捉えるのではなく、もっと肯定的に、さらに言えば、障害者と呼ばれてきた人たちの本当の存在目的をこの世に示そうとしているのだと思います。


ところで、この動画の青年を見て、あなたはどんな事を感じられましたか? 彼を可哀想な人、気の毒な人だと思われましたか? それとも凄い人、多くの人に励ましを与える人とは思われませんでしたか?


私はこう思いました。世の中の人々は、彼の生き様を見るのと私の生き様を見るのとどちらに感動を覚え、どちらから励ましと生きる力を与えられるだろうか?と。もちろん彼のほうです。


それから次に思いました。この世的には、彼よりも私のほうが多くの面で優っているはずなのに、なぜ人は彼の姿に感動するのか・・・? そして、その理由をいろいろ考えてみました。そこで最終的に行き着いた結論は、彼が彼自身を一生懸命に生き、そういう彼を神様が用いられておられるからだということでした。


イエス様は、弟子たちが生まれながらの盲人を見て、その人が生まれながらに盲人なのは彼の罪のせいか、それとも彼の両親の罪のせいか、と尋ねられたとき、彼が生まれつき盲人なのは「神の御業が彼の上に現れるためである」と答えられました。


つまり、それを言い換えれば、すべての肉体の障害は、神様がその人をご自分のメッセンジャーとして用いるためだということです。


この世は効率を追求します。便利さを求めます。ジャガイモを収穫し、洗って皮をむき、薪で火を起こして料理をし、しかもすべての工程を足だけでこなし、それを食べるまでに何時間もの時間を要する生活を誰もしたいとは思いません。しかし、なぜこの青年の姿に感動を覚えるのでしょうか?


この青年の、不平不満を言わず、前向きに、一生懸命に生きる姿を見て、不平不満の多い、後ろ向きな、中途半端な生き方をしている自分を示され、これではいけない、これからはもっと頑張ろう、と思わされるからではないでしょうか。


足の指をまるで手の指のように自由自在に使う姿を通して、彼は人間の体の素晴らしさ、可能性を私たちに教えてくれ、「あなたにもできるよ」と語りかけてくれるからではないでしょうか。


あの貧しい、非文明的な生活の中でも活き活きと暮らしながら、彼は「物の豊かさが人の幸せを決めるのではありませんよ」と言っているかのようです。


Challenged personは障害者ではありません。大切な真理を私たちに示し、貴重な教訓を私たちに与えるために神様から特別な任務を与えられている人たちだとは思いませんか?



今日の一言: この世に障害者という者は存在しない



鶴田健次





下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.08.19 01:43 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.