FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#387「自分を幸せにできるのは自分だけ」_convert_20180526014542 

『自分を幸せにできるのは自分だけ』



あなたは幸せですか・・・?


自分の生涯を閉じる日が来たとき、「ああ、私の人生は本当に幸いな人生だった。そして、これからは更に素晴らしい、新たな永遠の人生が私を待っている」ということを本気で言うことができるなら、その人は本物の幸せをつかんでいる人だと言えます。また本当の自分を生きている人だと言えます。


人は誰でも、生きる上での心の拠り所や、その人なりの人生の目的を持っています。しかし、もし人が普遍的な心の拠り所を持たず、普遍的な人生の目的を持っていないなら、その人は本当の幸いを得ているとは言えないのではないでしょうか。


普遍的な心の拠り所も、普遍的な人生の目的も、神を知ることなしには絶対に得られないものです。神を知り、神と共に生きている人は、神の愛という座標軸をもとに自分の人生を見ようとします。またいつも永遠という視点に立って物事を見ます。


ですから、そういう人は、自分の不幸を他人や状況のせいになどせず、どういう状況でも、その中に大切な意味を見出していくことができるのです。


あなたは、自分を幸せに出来るのは世界中で自分しかいないことをご存知ですか? 同様に自分を不幸に出来るのも世界中で自分しかいないのです。この事実を知らないで生きている人がたくさんおられますが、その状態は、まさに自由を失った『かごの中の鳥』のようなものです。本当は羽ばたく力があるのに、かごを理由にして羽ばたこうとしないのです。もっと自由に歌えるのにその歌を忘れてしまっているのです。


あなたはいかがですか・・・?


アニー・チャップマンという婦人伝道者のこんな話があります。ある日、彼女は、五百人が参加した婦人集会で講演をしたそうです。集会が終わって、会場を出ようとしたら、一人の婦人が誰もいなくなった会場の後の方に座っていました。


アニーは彼女のそばに近づき、話しかけました。その婦人は、三人の子供を持つ母親で、17歳の長男は、筋ジストロフィーのために車椅子の生活をしていて、他の二人の子供も、情緒的な問題を抱えているということでした。その婦人はアニーにこう言いました。


「私の生活を悲惨にしているのは、実は夫です。息子の養育に関しては、何の手助けもしてくれません。トイレに行く間、息子を抱いていてと頼んでも、それさえしてくれないのです。私の父が今週亡くなりました 父は、私には何の財産も分けてくれませんでした。私の夫を憎んでいたからです。」


そしてさらに彼女は、驚くべき発言をしました。「私は今日の集会に、一つの祈りを持って来ました。それは、夫を殺して欲しいという祈りでした。『神様、私はカゴの中の鳥です。どうか、私のために出口を用意してください』と祈りました。すると、今まで感じたことがない程はっきりと、『カゴの中の鳥でさえ歌いますよ』という神様の声が聞こえました。先生、私はこの答えをどう受け止めればいいのですか?」そう彼女は尋ねました。


アニー・チャップマンは、こう答えました。「神様が『歌いなさい』と仰るなら、あなたは自分の歌を見つける必要があります。」


 「神様が『歌いなさい』と仰るなら、あなたは自分の歌を見つける必要がある。」


いかがでしょう・・・? 困難からの脱出は、そのほとんどが、環境を変えればよいというようなものではありません。たとえ環境を変えても、その人が変わらなければ、その人の問題はどこにでも付いて来て、また必ずそこで芽を出してしまいます。


本当の問題解決は、神様が、なぜその困難を自分の前に置いておられるかという問いに対する答えを見つけ、それと取り組むことによって得られるものです。


ですから、人には、「ああ、私には、この事が見えていなかった」という、神の視点から見た気づきが必要です。素晴らしい人生の扉は、『私には、この事が見えていなかった』という気づきによって開かれていくものです。



今日の一言: 私は自分の歌を見つける必要がある



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.06.01 22:35 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.