LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#385「母の日のメッセージ」_convert_20180512024143 

『母の日のメッセージ』



歴史を通して偉大な人物となった人の背景には、必ず偉大な母親がいたということを私たちはよく耳にします。古代キリスト教の偉大な教父また神学者として有名なアウグスティヌスの陰には、彼を涙の祈りによって放蕩生活から立ち直らせた母モニカの存在が知られています。


また18世紀、産業革命の只中にあった英国で、メソジスト教会の基礎を築いたジョン・ウェスレーと、兄を助け数千曲の讃美歌を作詞した弟のチャールズ・ウェスレーの陰には、謙遜で物静かで、祈りの人であった母スザンナの存在がありました。


ジョン・ウェスレーは、その母スザンナについて語る時はいつも「私が妻を迎える時は母のような人を選びたい」と言いました。


また中国の蒋介石元首に30年間も仕えていたオ・ムンギ将軍がこんな事を書いています。一度、元首の誕生日に人々がご馳走を準備してお祝いしようとしたとき、元首はこう言ってその申し出を断ったそうです。


「私の誕生日は私を生んだ母が、この日にどれだけ苦しんだことか、それを考えれば私だけがご馳走を食べるわけにはいかない。この日は母こそがご馳走を召し上がるべきであるのに、もうすでに亡くなられたので、私は母を記念し感謝することにして、今日は何も食べない。」 


そう言って、その日は一杯の水も飲まずに母親を思い出しながら誕生日を過ごしたそうです。


私たちは、母の日を迎えて、私たちを生んで育ててくれたお母さんの苦労と犠牲をまず覚えて、そのことを感謝しなければなりません。母親を敬い、感謝することが一番の親孝行です。それから、母親を心配させないことも親孝行です。母親に何か凄いことをするのが親孝行ではなく、母親を心配させないことです。  


箴言15章20節に「知恵のある子は父を喜ばせ、愚かな者はその母をさげすむ」と書いてあります。また、コロサイ書3章20節には、「子どもたちよ。すべてのことについて、両親に従いなさい。それは主に喜ばれることだからです」とあります。


親を大切にしない者は愚かな者で、親を喜ばせる者は知恵のある者、そして親に従うことは神が喜ばれることだと神は言われるのです。あなたはいかがですか? 


親はいつも子どものことを心配しています。ですから子どもが親を心配させることばかりすれば、親は絶対に幸せではなく平安ではありません。親孝行をしようとするなら、親が心配しないようにすることです。


今年の母の日は、いつも以上にしっかりとお母さんに感謝の言葉を述べ、お母さんを心配させないようにすることを心新たにされてはいかがでしょう? また同時に、このように私たちを犠牲的な愛で愛し続けてくれたお母さんを与えて下さった神様に心からの感謝を捧げましょう。



今日の一言: お母さんを大切にしよう



鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨



2018.05.12 02:44 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.