FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

こんにちは、MUです。

日本へ一時帰国した時に行ったある教会で、偶然隣に座った姉妹から「置かれた場所で咲きなさい」という渡辺和子さんの本をいただきました。有名な本なのでご存知の方も多いと思います。その本はどのページも素晴らしいのですが、中でもとても感動したお話が載っていましたのでシェアしたいと思います。

それは、「戦死したロシア兵の祈り」というタイトルで書かれた、戦闘へ出陣しようとするロシアの一兵士が夜空の星を見上げ、初めて神様を知った時の詩だそうです。

 

「聞いてください、神様。

僕は今まで、

あなたの存在について全く知りませんでした。

子どもの頃から、

あなたなんかいないと聞かされ、

そう信じてきました。

 

もういうことはありません。

あなたを知ることができて嬉しいのです。

あなたがご存知のように、

戦いは激しく、

今夜、僕は、

あなたのドアを叩きに行くかもしれません。

そんな僕が行ったら、

入れてくださいますか。

 

僕の目は開かれたのです。

さようなら神様。

もう行かなくてはなりません。

多分生きては帰れないでしょう。

おかしいのでしょうか、

僕は、もう、

死を恐れてはいないのです。」

 

 

若いロシア兵士が死の覚悟を持って見上げた夜空には、澄みきった壮大な星空が展開され、神無しでは語り尽くすことができない静寂と尊厳、平安と全てを包み込む優しさが、圧倒的な神の御業として兵士の心を捉えたのでしょう。胸が熱くなりました。

 

この詩の行間から垣間見えて来る兵士の姿は、誠実に生きてきた心のきれいな人のような気がします。それは、「あなたを知ることができて嬉しいのです」という素直な直球のフレーズで知ることができるように思います。私たちは真の神を知った時、喜びがあふれ、愛で満たされ、居場所を獲得したような大きな安堵感に包まれます。

 

そして兵士は、肉の目で見るだけではなく霊の目も開かれたようです。「僕の目は開かれたのです」とありますから、明らかに見え方の違いを認識しておられます。

 

また、戦闘では生きて帰れないと知りつつも、「僕は、もう、死を恐れてはいないのです」という最後の言葉が、まさに、神様に捕らえられた者の悟りの境地ではないかと思います。このロシア兵は聖書を知らず、救い主キリストや神の存在も知らずに死ぬ直前まで生きて来て、最後の最後に栄光の主を知りました。何という劇的な運命を生きたのでしょうか。神を知らずにロシアで生きている間、どのような人生だったかは知る由もありませんが、今、彼は天に召され、痛み、苦しみ、涙や叫びの無い至福の世界で安らいでいることは確かでしょう。

 

神の愛に勝る愛無し。

神の知恵に勝る知恵無し。

良きものは全て神から出ており、

神より正しい正義は無し。

全ての命は神の愛から出ています。

 

(MU)


ブログランキングに参加しています。下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.04.12 03:58 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.