FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を


IMG_0584.jpg 
こんにちは、春休みを満喫し、ゴロゴロしていたTKです。月曜から学校が始まりましたが、まだ春休み気分です。3/23-25と、カリフォルニアにある、Santa Catalina Island に、カンファレンス(リトリート)で行ってきました。少し前の記事でお話したように、私はInterVarsityという学生のクリスチャン団体に所属しています。この団体はこの島の一部を所有しており、私たちはそこに滞在しました。このカンファレンスは毎年行われており、名前はISM(International Student Ministry)と言い、留学生や移民、またそのミニストリーに関わっている現地の学生のためのカンファレンスです。

San Pedroという所にある所から船で1時間、島に着きました。着いたらアイスブレーカー(打ち解けるための)ゲームがあり、メインスピーカーからのお話(説教)があり、その後は各学校で集まって、ディスカッションをしました。そして、それが終わると、食堂に行き、スナックタイムで、色々な学校からの学生と出会いました。その交わりでは初めて会ったばかりの人が多い中、すぐに打ち解け、神様が働いてくださっているのを感じました。私は次の日の朝に証をシェアする予定でしたので、そのことが頭の中にずっとありました。

そして朝になり、頭の中で復唱をしながら最終確認をしました。InterVarsityはいつもカンファレンスがある時、プレイヤー(祈り)チームを結成し、カンファレンスが始まる2ヶ月前程から祈っています。また、カンファレンスの最中には祈りの部屋を設け、学生がいつでも来られるようにし、祈りが必要な人のために祈ります。朝のセッションが始まる前、プレイヤーチームの方々が私のために祈ってくださり、とても励まされました。私の証は、救われた時のことについての証でしたので、祈られている間、たくさんの人、神様に導かれて今の私がある、ということを改めて気づかされ、涙が出ました。
a.jpg 
同じ学校からの学生に、一番前の席から見守られつつ、無事に終わりました!やはり少し緊張はしましたが、神様が一緒にいてくださったおかげで、自信をもって、笑顔で、話すことができました(*´ω`*) 

その後のセッションの中での賛美では、国際色豊かに色々な言語で歌われました。英語、北京語、フランス語、インドネシア語、タガログ語、、、とても素敵でした。

朝のセッションの後は、4時間ほどの自由時間があり、カヤック、シュノーケリング、ハイキング、フィッシングなど色々なアクティビティがありました。私は海岸で波の音を聞きながらお祈りしていましたが、神様との充実した1対1の時間を持つことができました。

夜のセッションが終わり、キャンプファイヤーが行われました。アメリカ定番のスモアを食べ、火がなくなるまで学生で交わりをしました。

最終日のセッションでは、賛美がとても印象的でした。賛美しながら祈ることで、神様がその賛美を通して語りかけてくださっているようでした。その後、また学校ごとに集まり、お互いにカンファレンスがどうだったのか話し合いました。ほぼ同じ時間を過ごし、同じ賛美をし、同じ説教を聞いているのに、神様は1人1人に違ったこと、またその人たちがその時に聞くべきことを語ってくださる、ということを改めて思い知らされました。

港に戻って来た後、他の学校の子たちと連絡先を交換しあい、分かれました。
今回参加した生徒たちの写真です。プライバシー保護のため、ぼかしています。
今回は、19もの国から学生が来ていたそうです。

conference.jpg 
このカンファレンスの最中、私が感じてたいたのはこの御言葉です。
私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。(使徒の働き17章28節)

違う学校から、たくさんの学生が集まり、同じ神様を見上げている、そして、私たちはそれぞれ違う文化、国から来ています。しかし、あまりにも簡単に打ち解け、一つになって神様を礼拝し、互いに励まし合うことのできる。。。この間には神様がいらっしゃる、ということを感じました。このカンファレンスはもちろん、神様をより感じられるいい機会になりましたが、今回学んだことをいつまでも心の中に留めておきたいと思います。

(TK)

2018.04.04 14:49 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.