LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#378「二つのものの比較」_convert_20180323220323 

『二つのものの比較』

  

皆さんはミズスマシという昆虫をご存知ですか? 池とか沼の静かな水面を素早く泳ぎ回る黒い豆粒のような昆虫です。このミズスマシの目は人間と同じ二つの目が一対になっていますが、ミズスマシは二対の目を持っているので、合計四つの目があることになります。しかし、なぜミズスマシには目が二対も必要なのでしょうか。


ミズスマシはいつも水面に浮かんでいて、水の上の空間と水の中の空間の境目に住んでいます。ですから、ミズスマシは二対の目をもって、一対の目で水の上の世界を見、もう一対の目で水の中の世界を見るのです。  


同じように、クリスチャンも実は二対の目を持っています。一対は外なる世界を見るため、そしてもう一対は内なる世界を見るための目です。つまり、クリスチャンも、二つの世界に住んでいるのです。  


  1. 「外なる人」と「内なる人」との比較


コリント人への第二の手紙4章16節に、「たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています」とありますが、聖書によれば、クリスチャンの中には「外なる人」「内なる人」という二人の自分がいるということです。


この「外なる人」とは、年と共に体力も能力も衰えていく生まれながらの自分のことです。それに対して、「内なる人」とは、キリストを信じる信仰によって霊的に新しく生まれ、神の子とされた自分、また永遠の命を約束された自分のことです。


そして、生まれながらの「外なる人」は、時間と共に衰え、死に向かって進んでいきますが、この「内なる人」は、聖霊によって日ごとに新しくされ、清められ、永遠の恵みに向かって、日ごとに成長していくのです。そのために、クリスチャンは日々、聖霊に満たされ、魂の呼吸である祈りと、魂の糧である聖書の学びを忘れてはならないのです。 


  1. 「今の時の軽い患難」と「重い永遠の栄光」との比較


 4章17節で、「今の時の軽い患難」ということと「重い永遠の栄光」という対比がなされていますが、聖書は、私たちが人生において経験する様々な患難は、やがて私たちが神からいただく永遠の栄光に比べれば一時的であり軽いものだと言っています。この言葉は、私たちにとって大きな慰めであり励ましです。


人は誰でも、人生において色んな患難を経験します。人によってその患難や試練の種類は違いますが、どんな試練もその人にとっては大変な問題であり大きな重荷です。しかし、聖書は、私たちが経験する地上での患難は永遠から見れば一時的で、天国における恵みに比べれば取るに足りないものだと言っているのです。


たとえ一生涯、何かの重荷を負い続けなければならない役割を神にいただいたとしても、その苦労とは比較にならないほどの永遠の栄光を、神様はやがてあなたに与えて下さるのです。その事実が解かれば、患難の只中にありながらも、今までとは全く違う天国の視点から現実を解釈することができ、感謝と喜びと希望の中で生きることができるのです。  


  1. 「見えるもの」と「見えないもの」との比較


4章18節に「見えるもの」「見えないもの」という表現があり、「見えるもの」は一時的であり「見えないもの」はいつまでも続くとあります。この「見えるもの」とは、私たちの周りにある五感で感じ取ることのできるものです。しかし、それらは時間と共に過ぎていくものです。


ところが聖書は、「見えるもの」がすべてではなく「見えないもの」があり、その「見えないもの」こそ永遠に続くもので、そこに私たちの心の目を向けなければならないと教えるのです。


この「見えないもの」とは、神の国、永遠の命、神の導き、また神ご自身です。見えないものは見る対象ではなく、信じる対象であり、信じることによって心の目で見えるようになるという実に不思議な信仰の世界です。


この世界が解かると、たとえ私たちの目に見える状況がどんなに困ったように見えるものであっても、神が意図しておられる見えない神の計画をもう一対の目で見ることができるのです。    



今日の一言: 見えないものに目を注ごう



鶴田健次                          


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.03.23 22:05 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.