LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

初めに、ことばがあった。
ことばは神とともにあった。
ことばは神であった。

ヨハネの福音書11

皆様、こんにちは。TKです!最近、教会の兄弟姉妹とみことばを紙にしたためる、ということを始めました。私は、小さい頃から4年前にアメリカに来る直前まで、書道を習っていたので、「いざという時」(いつなのでしょう?)のために、習字道具を日本から持ってきていたのです。一回も使わない中月日が流れ、ふと、「みことばを書いて部屋に飾ろう!」と思いたちました。こんな突拍子もない私の考えに付き合ってくださった、兄弟姉妹に感謝です(*^^*)ちなみにこちらが作品です。

私の作品。力強め!
IMG-9918.jpg IMG-9919.jpg

几帳面できれいな字の姉妹の作品。
IMG-9920.jpg IMG-9922.jpg
IMG-9923.jpg 

他にも、色々と書いたのですが、ここまでにしておきます。一緒に書いた姉妹が「ふと見ると、みことばが目に入ってくるっていいね」とおっしゃていました。みことばに触れるということは大事なことです。聖書がみことばについて言っているのは。。。

マタイの福音書4章4節
「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」
こちらは文語体ですが、姉妹が書かれました。
IMG-9921.jpg 

確かに、私たち人間は食べ物があれば体は生きていけますが、みことばに触れない生活を続けると、霊的に死んでしまいます。私は生活の中で起こる色々なことに振り回され、みことばから離れてしまうことがあります。そんな時、聖書を開きみことばに触れる時間を割くと、霊的に満たされ、より集中できたり、時間を上手く使えたりできるのです。体は疲れていても、霊的な食糧が神様から与えられるのです。

なぜかというと。。。
へブル人への手紙4章12節
「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」

みことばは神様から与えられたものなので、もちろんそれは生きているんですね。そして、“心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます”。色々なことが起こる私たちの人生の中で、神様のことばを食べることによって、神様の知恵や恵みが与えられるのではないでしょうか。

私もこのブログを書きながら、みことばを私たちが毎日必要な食べ物として、もっと考えるようになりました。勉強や宿題を始める前に、神様に「よし!神様、私にみことばを食べさせてください!」と祈りながら、聖書を読みました。

私と兄弟姉妹は、毎月1回のペースでみことば習字をしていますので、参加したいという方々はぜひTKまで!道具は全部ありますので、よかったらどうぞ(^_-)-☆


(TK)

2018.02.22 04:28 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.