LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 BGFA-Samurai-ATM-Screen-1920x1080.jpg

姉妹から「べラジオのギャラリーで甲冑とかの展示があるらしいよ~」との情報をもらっていたので、日本の城・甲冑好きな夫と一緒に行ってきました。


ギャラリーには、テキサス州ダラスにお住いのAnn & Gabriel Barbier-Muelleさんが所有していらっしゃる約1200点のコレクションから約60点の甲冑や武具等が展示されています。

結婚して約10年。その間、城好きな夫と共に約30の城を巡り、ある程度の数の甲冑や武具を見てきましたが、今回展示されていた物はアメリカ風の甲冑や武具ではなく、細部にまでこだわり、現物に近い状態に修復修理が施された、日本人の目から見てもとても素晴らしいアートでしたし、日本に帰国したような感じさえしました。

鑑賞する際、キャプションと呼ばれる説明書きの他にも、音声ガイドも無料で借りることができたので、ある程度の情報はありました。しかし、1300年代~1800年代の物まで幅広く種類も豊富でしたので、毎日2時から催行されているガイドツアーをお願いしたところ、当日は偶然にも日本人の方が案内してくださいました。

鑑賞している間に、とても気になる事が出てきました。
それは、兜についている装飾です。
阿修羅王、狛犬、仏、天狗等が兜にシッカリと付いているのです。

 helmet.jpg

戦いに臨むとき、人は自分の力では無しえない事(戦い)がある事を感じ、何かにすがったのだろうなぁ・・・と思いました。
イスラエルは、約束の地を得るに当たり、多くの戦いをしましたが、彼らの戦いは「全能の神」が戦っておられました。イスラエルが神を信じる事により勝ち進んだ戦い。信仰の戦いでした。

今でも多くの日本人は「何か」すがる対象を見つけては、それに振り回された生活をしているように思います。それが宗教であったり、お守りであったり、占い、食べ物だったりします。
信じる対象を好きなように変え、さまよい、振り回されてしまう・・・結局は「自分」が好きな時に、好きな物を選ぶ。「自分が王」なのです。

と言う私も、主を信じる者ではあるのですが、私の中に住んでくださっている御霊様に全てをゆだねることができない。。。、「自分が王!」の場合が多い人間。つまり約束の地を目指すイスラエルと何ら変わらない者です。
約束の地(天国)に行くまで、私の中に住んでくださっている聖霊様をかざし! 全能の神を信じ、荒野であろうと、何処であろうと! 信仰の道を一歩一歩しっかり歩みたいと思います。


開館時間 10:00AM – 8:00M 
最終入場 7;30PM
入場料 Webからのチケット購入は、$18 + 手数料
        ギャラリー前で購入できます。ネバダ住運転免許所提示で$16
        毎週水曜日 5:00PM以降の入場は$14

https://www.facebook.com/samuraimuseum/
http://samuraicollection.org/index_web.html

(KS)

ブログランキングに参加しています。下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.