FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#373「銃乱射事件」1 

銃乱射事件



2月14日の午後2時半ごろ、フロリダ州パークランドの高校で銃乱射事件があり、少なくとも17人が死亡、14人が病院に搬送されたとのことです。


メディアによると、同高校の元生徒による犯行だったようで、同高校を退学処分となっていた容疑者は校内の火災報知機を鳴らし、混乱を引き起こした後に銃を乱射したとみられています。容疑者が多数の生徒を標的にするために、周到に計画していた様子が想像できます。

アメリカでは過去にも学校で銃乱射事件が繰り返し起きており、多くの犠牲者が出ています。


1999年4月、コロラド州のコロンバイン高校で男子生徒2人が図書館などで銃を乱射し、教員と生徒13人を射殺しました。


 2007年4月にはバージニア州のバージニア工科大学で男子学生が銃を乱射し、学生や教員32人を殺害しました。


 2012年12月、コネティカット州のサンディフック小学校で男が校舎へ侵入し、児童ら26人を殺害しました。男は学校侵入前に自宅で母親を射殺していました。


2013年6月には、カリフォルニア州のサンタモニカ・カレッジやその周辺で男が通行人などに銃を発砲し、5人が死亡しました。

 

アメリカの調査団体のガン・バイオレンス・アーカイブによると、2017年は12月20日時点で1万4968人が射殺されたとのことです。1日あたり平均42人が銃で撃たれて死亡した計算です。2016年は1万5088人でほぼ横ばいですが、2014年の1万2564人と比べれば二割も増えた計算になります。


昨年10月にはラスベガスで58人が死亡、500人以上が負傷した米史上最悪の銃乱射事件があり、続いて11月にはテキサス州の小さな教会で男が銃を乱射し26人が死亡。またカリフォルニア州北部の小学校などでも4人が死亡する事件が立て続けに起こりました。


アメリカでは銃の乱射事件が起きる度に銃規制の必要性が叫ばれ、規制強化に動こうとしますが、議会では法案の採決さえ共和党の反対などで見送られてきました。それは圧倒的な集票力を持つ銃ロビー団体、全米ライフル協会(NRA)が政界に絶大な影響力を持っているからです。


聖書には、終末時代の一つの兆候として、「民族は民族に、国は国に敵対する」「方々に飢饉と地震が起こる」「不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷える」と記されていますが、まさに今の時代はこの預言を彷彿とさせるような現象で満ちています。


確かに、今の世は不法がはびこり、人々の愛が冷えていると言えます。世界中で命の奪い合い、権力の奪い合い、利益の奪い合い、名誉名声の奪い合い、あらゆるものの奪い合いがなされています。


特に人の命が簡単に奪われるようになったことは、人間の尊厳が失われていることがその根本の原因ではないかと思います。


私たちは、どのようにして人の命の価値を測るでしょうか。私たちは、それぞれ人の命の価値を量る秤を持っています。そして人の命を低く値踏みする秤を持っている人は、人の尊厳を認めることができず、人の命をあまりにも軽々しく扱い、粗末にしてしまうのです。


主イエス・キリストは、人の命は全世界の富よりも尊いものであることを教えられました。全世界の富をもってしても、たった一人の人間の命を買い戻すこともできないのです。人間の命がいかに大きな価値があるかということです。


多くの人々が、イエス・キリストの十字架を通して人の命の尊さ、人の尊厳を認めることができれば、この世界はどんなに平和な世の中になることでしょうか。



今日の一言:人の尊厳を認めよう


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2018.02.17 05:38 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.