LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

midorisantop.jpg 

ブルガリアに住む老人、ドブリ・ドブレフ(Dobri Dobrev)さんをご存知でしょうか?
ドブリさんが生まれたのは100年以上前の1914年の夏。第2次世界大戦中の爆撃が原因で、以来耳が遠くなってしまいました。

ドブリさん、実は、世界中にファンがいます。それはドブリさんの行いに感動したり、心を動かされた人々です。彼は信仰心が篤く、貧しい暮らしの中でも誰よりも多くの献金を主に捧げ、主に栄光をお返している愛すべきキリスト者です。

ブリさんの住いはベイロボ(Baylovo)という村にあって、ベイロボの教会の隣の小さな部屋に住んでいます。その村は、ソフィアという街から東に約40キロ行ったところにあります。生活は年金でやり繰りして、部屋にはベッドとテーブルがあり、贅沢品などは何もありません。彼はブルガリア正教会の信徒で、神を愛し、今の静かな暮らしを好ましく思っている老人です。近くの親切な人が、ドブリさんにパンや食べ物を持ってきてくれたりもするそうです。

midorisan.jpg 

そんなドブリさんは毎日ソフィアへ行って、大聖堂の前や街頭などで人々にコップを差出し、施しを受け取ります。コップに小銭を入れてくれた人に、ドブリさんは持っているパンを、「どうぞ一口ちぎって食べて下さい、神様からの贈り物ですから」と言うのです。たぶん、ドブリさんの温かい感謝の心から出た、ご自分のできる祝福の分かち合いなのでしょう。本当に優しい方です。

白髪と白く長い髭、そしてすり切れた古いコートを着て街角でコップを差し出す姿から、心無い人たちはドブリさんを物乞いだと言いますが、ドブリさんは自分を物乞とは思っていません。「施し」だと言います。しかし、どう見られようとも、ドブリさんは気にすることも無く、20年以上も続けています。

一方、ドブリさんを支持する人たちは、ドブリさんを「聖人」と呼んでいます。
ドブリさんが集めたお金は、財政難の教会を助けたり、修道院の再建に用いられたり、孤児院の公共料金として支払われたりと、ドブリさんの献金が生きたお金となって動いています。ドブリさんがした一番多額な献金は、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂へ3万5700レバ(約250万円)を捧げました。他にも、小さな修道院や教会も口々に2500~1万ユーロを献金してもらったと言っています。EU最貧国と言われるブルガリアの平均月収がドル換算で$500位なので、ドブリさんの献金額がどれ程かわかります。
ドブリさんがこれまでに受けた施しは何万ユーロ相当にもなりますが、ドブリさんはそれを自分のためではなく、すべて他者のために寄付しました。

善行を続けられたドブリ・ドブレフさん、その名「ドブリ」とは、ブルガリア語で「善」を意味する言葉だそうです。なんと素晴らしい意味深い名前を付けてもらったのでしょうか。人にも神にも「善」であった人「ドブリさん」、主に祝福された方。この世の富より、主が下さる富を最も大事にされた方。「私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい。」(申命記30:19)その御声に従った方。

ドブリさんの事を知ってから更に知りたいと思って調べると、出て来たものの8割程が2014年の記事でした。おそらくその頃に、ドブリさんが日本のメディアに紹介されたのかもしれません。ですのでここで紹介した写真や金額も当時のものと思って差し支えないと思います。
しかし、最後に見つけた一つの動画YouTubeは、2017年のものでした。そこで話されている言葉は、たぶんブルガリア語だと思いますが、ドブリさんが多くの信者や聖職者に囲まれて教会でお祝いの式典をしているところだと思われます。
ブルガリア語のタイトルを日本語翻訳機にかけると、「ドブリおじいちゃん(103歳)Kremikovtsi修道院で」と出てきました。
103歳のドブリさんは、もっと背中が丸くなっていて、弱くなっているようにも見えましたが、多くの人に愛されている事が感じ取れました。それは、ドブリさんが先に多くの人を愛したからなのかもしれません。イエス様のように。。。

            こちらがその動画です
            


(MU)

ブログランキングに参加しています。下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.02.15 03:48 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.