FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20180131p4a.jpg


日本人の死亡原因のトップを独走しているのは “がん” ですが、その新しい治療法として、今世界で最も注目されている「光免疫療法(ひかりめんえきりょうほ)」を今回は取り上げてみました。

 

光免疫療法がなぜ注目されているのか? それは、がん細胞だけを狙い撃ちし、短時間で破壊することができる点にあります。この治療法は体の他の部分を損傷すること無く、副作用も認められず、ターゲットとなるがん細胞のみを破壊し、また転移したがんをも治せる治療法です。現在がん闘病中の方々にとって光免疫療法は、救世主と言えそうです。

 

この光免疫療法は、米国国立がん研究所の小林久隆・主任研究員が中心となって開発した治療法で、小林氏は、がん細胞にだけくっ付く抗体に着目しました。

がんの表面にある抗原に対してくっ付く抗体は現在40数種類が判明しており、その中で最も多くのがん細胞にくっ付く抗体を選び、IR700を結合させたものが今回臨床試験で使う薬剤となります。IR700(色素の一種)は赤外線を当てると細胞の表面に傷をつける性質があります。その結合物質を静脈注射で体内に入れ近赤外線の光を照射するとIR700が細胞膜の表面に傷をつけます。すると細胞膜の機能が失われ、中に水が入り膨張し1~2分で破裂してしまいます。その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが、風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じだそうです。

近赤外線の照射は、がんの部位に応じて体の外から照射することもあれば、内視鏡を使ってすることもあります。近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われる光です。可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害だということです。

 

更に、がん細胞を破壊するだけではありません。破壊されたがん細胞からはいろいろながんの抗原(壊れたタンパク質)が一斉に露出し、それを近くにいる免疫細胞が食べてリンパ球に伝え、リンパ球は分裂してその抗原を持つ他の場所にあるがん(転移がん)を攻撃しに行きます。こうして免疫が活性化します。

 

実は、もう一つ移転がんに有効な方法があります。がん細胞を攻撃することを邪魔している免疫抑制細胞の中で主要な細胞である制御性T細胞を、免疫細胞が叩く方法です。

IR700を付けた抗体を制御性T細胞に結合させ、近赤外線を当てて壊します。するとがん細胞の近くにいる免疫細胞は邪魔者がいなくなるので直ちに行動に移り、数十分のうちに活性化してがん細胞を壊します。さらに血流に乗って全身を巡り、わずか数時間のうちに転移がんを攻撃し始めます。がん腫瘍内にいる免疫細胞はほとんどすべて、がん細胞のみを攻撃するように教育されていて、免疫の効きすぎが原因になる自己免疫疾患のような従来の免疫治療で起こる副作用は起きないので、安心で効果的な方法です。

 

 

さて、光免疫療法はまだ実用化されていませんが、アメリカでは現在どの辺まで進んでいるのかというと、臨床試験の最終段階に来ています。

1段階は“毒性・安全性”に対する臨床試験、第2段階は“治療の効果”に対する臨床試験、今年2018年からは、最終段階である既存の治療法との“比較検討”に進んでいます。

 

そして、ここにきて遂に、日本やシンガポール、ヨーロッパなどでも治験・治療の臨床試験を行うことになりました。

日本での臨床試験は今年3月から国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で始まり、対象は頭頸(とうけい)部がんの患者で実施されるということです。

そうなると、もしアメリカと足並みがそろった状況での治験ができるとすれば、臨床試験の人数を全部足せるため、第3段階の終了はうまく行けば今年いっぱいか或いは来年の途中ぐらいで終われるのではないか、と小林氏は予想しています。その後は承認のためのデータ整理をし承認申請する、という流れになります。

承認されるまでの期間は3カ月から半年、東京オリンピックまでには・・・という感じだそうです。

 

小林氏がこの治療法を開発する中で目指してきた大きなポイントの1つは、患者さんが恐れることなく受けられる治療にする事だったそうです。まさにそれが現実のものとなろうとしています。日帰りの外来治療、入院してもせいぜい1日で済みます。これまで臨床治験で治療を受けたある患者さんは、「この程度の体の負担で済む治療なら、是非またやってください」という人もいたそうです。

「がんはもう怖い病気じゃない」と言える日が、もうそこまで来ています。

 

 

イザヤ534-5

まことに彼はわれわれの病を負い、

われわれの悲しみをになった。

 

しかるに、われわれは思った、

彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。

 

しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、

われわれの不義のために砕かれたのだ。

 

彼はみずから懲らしめを受けて、われわれに平安を与え、

その打たれた傷によって、われわれは癒されたのだ。 

  

(MU)

 

ブログランキングに参加しています。下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.01.31 19:50 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.