FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Blog Pic2 

  Happy New Year!と言っても、もうすでに1月も半分、終わってしまいました。毎年、一年の長さが短くなっているのを感じる今日この頃です。

LVJCCでは新年最初の礼拝後に新年ポットラックが行われ、その際に一人、一人、新年の御言葉を発表します。私は残念ながら今年はお仕事のために新年の御言葉の発表までは参加できませんでしたが、去年は参加させていただきました。参加さていただいた際にはまだクリスチャンではなく、そして聖書のことも全く知らない中、聖書の中から御言葉を選ばせていただきました。

私は新年に御言葉を選ぶということを知りませんでした。どうやらその前の週の礼拝後に「新年の御言葉を選ぶように」とアナウンスメントがあったようですが、その日は下の子が体調が悪く、アクティビティールームで横になっていたので、下の子を様子を見に礼拝堂とアクティビティールームを行ったり来たりしていました。その為、そのアナウンスメントをミスしてしまったようです。丁度、その発表の前々日ぐらいに仲良くしてくださっているM姉から連絡をいただき、新年の御言葉を選んだかと聞かれ、私には何のことかがさっぱりわからず、逆に聞き返すと新年にクリスチャンの人達は新年の御言葉を選ぶのだと教えていただきました。

クリスチャンではない私がそんな御言葉を選んでよいのかという気持ちに駆られながらも、M姉に勧めらた聖書の中の箴言を読むことにしました。読む前にちゃんと神様にお導き頂けるようにお祈りしてから読み始めるように、とアドバイスをいただいたので、それもしっかりと実践してから読み始めました。読み始めてしばらくたっても、「ここだ!」という言葉には当たらず、ネット上で読んでいたので、そのうち「本当に見つかるのだろうか」という気持ちになりながら、流す感じで読み流していくとポツン、ポツンと何か少し心に響く言葉があったので、それをメモしながら読み進めていき、確か20章ぐらいで読むことをあきらめてしまいました。

それでも5つぐらいだったか、御言葉をメモできたので、当日にM姉に相談して決めようと思い、その礼拝の当日に少し早めに行き、M姉に相談させていただきました。「これもいいけど、これもいいね」と結局、一つに絞ることができず礼拝が始まりました。牧師先生のその日の説教を聞きながらも、「早く一つに決めないと」という焦りがあり、説教を聞きながらも、時々メモを見つめていました。お話が終わりに近づくと、ふとメモの中のある御言葉がひときわ濃く見えたような気がしました。その御言葉が:

柔らかい答は憤りをとどめ、激しい言葉は怒りをひきおこす」(箴言15:1)

でした。この日の説教がどのようなお話だったのかは詳しくは思い出せませんが、お話の中で牧師先生が言われた言葉に何か「あ!」と思ったことを覚えています。そして、そのあとにメモに目をやると、同じ鉛筆で書いたのにもかかわらず、この御言葉が他の御言葉よりも濃く見えたような気がしたのです。

今思うと、この御言葉はその時の自分には必要な御言葉でした。というのも、思春期を迎えた上の子とぶつかることが多く、しかも一番必要とされる父親がおらず、お互いに理解しあうことができず、それがフラストレーションとなり、毎日のようにお互いを怒鳴りあっていたのです。そんな時に神様に与えていただいたこの御言葉。これを去年の御言葉として発表させていただきました。

それからしばらくは御言葉を覚えていたので、怒鳴りそうになると、その御言葉を思い出し、なるべく怒鳴らないようにしていたのですが、やはり忙しさなどがその御言葉を忘れさせ、ある時にはやはり怒鳴りあいに戻っていた時期もしばらくありました。そんなある日、上の子が学校のことで相談してきました。それは勉強のことで、いつもであれば「ちゃんと勉強しないから」と一喝し、そこからまた怒鳴りあいというパターンだったのですが、その日はなぜかこの御言葉を思い出し、「ちゃんと普通に最後まで聞いて、とことん話そう」という思いになり、途中怒鳴りそうになりながらも、何とか上の子の言い分もしっかりと聞くことができ、2人で「じゃあ、こうしよう。」と最後まで話し合うことができました。

よく牧師先生が「聖書に書かれていることは真実である」とおっしゃっていますが、私は実は少し半信半疑でした。しかし、この御言葉は半信半疑だった私に「聖書に書かれていることは真実である」ということを実証してくれたと思います。いまだにこの御言葉を忘れて、子供たちに一喝してしまうこともやはりありますが、その後に必ずと言っていいほどこの御言葉を思い出し、自分がしたことを反省させられます。

ちなみに今年の御言葉はというと… まだ決まっていません。時間があるときに少しずつ、聖書を読んでいるのですが、またしても「これだ!」というものが出てこない状態です。下の子も思春期に入りましたので、もしかしたらこの御言葉をもう一年、新年の御言葉として頑張りなさいと言われているのかもしれませんね。

(ML)

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.01.25 03:10 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.