LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

image001_20180112223846ffe.jpg 


"人を幸福にする言葉"

 

 脳科学者たちの研究報告によれば、人間の脳細胞の数は、大脳皮質の神経細胞が140億個、小脳皮質の神経細胞が1000億個あるそうですが、この脳細胞の中の98%が言葉の影響を受けているとのことです。


 そこから、この「脳の中にある言語中枢神経が全ての神経系を治めている」という学説を土台として「言語治療法」が開発されたわけです。つまり、見ること、聞くこと、感じること、嬉しいこと、悲しいこと、そのような全ての神経が言語中枢神経に大きく影響されているのです。


ところが聖書は、昔から既に、言語中枢神経が私たちの生活の中で絶対的な影響力を持っていることを示唆しています。それで、今になってようやく、脳科学者たちがその事実を証明しているというわけです。


たとえば、旧約聖書の箴言4:23には、「油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである」とあります。これは言い換えれば、語る言葉を力の限りに注意して、あなたの心を守れということです。


ですから、どんな言葉を語るかによって、その人のあらゆる神経系に影響をもたらし、その人の考え、行動を支配し、人生を支配するのです。私はできないと言い続ければ、中枢神経ができないと言うわけですから、そのように生きるしかなく、私はできると言い続ければ、中枢神経ができると言うわけですから、そのように生きるのです。


また言葉は、生き方だけではなく、体にも影響を与えるので、言語治療では、患者に「病気が治った」という肯定的なことを語り、患者がこの言葉を聞いて、体がその言葉の方向に向かうそうです。


実際にウィスコンシン州のある病院では、治療が不可能な癌患者にこの言語治療を施し、絶えず、「私はすっかり癒された。私は全て良くなった」と言わせることによって、末期患者の癌が完治する例がいくつもあるそうです。


 言葉は私たちの考えを人に伝える手段ですが、そればかりではなく、言葉は私たちの心と体を支配するほど大きな影響力を持つのです。


 ①感謝の言葉は人を幸福にする


感謝の言葉を口にすると、言われる方の人だけでなく、言う方の人の心も幸せになります。ですから聖書は、敢えて、すべての事について感謝することを、神が私たちに望んでおられるのだと言っているのです。


私たちは、まず神様に感謝しなければなりません。また、信仰によって与えられた霊的祝福を感謝しなければなりません。神様は、私たちにその霊的祝福をもたらすために、御子イエス・キリストの命を犠牲にされたのです。 


 ②賛美と賞賛の言葉は人を幸福にする 


感謝の心があれば、私たちの口から、賛美と賞賛の言葉が出てきます。賛美は神様に対して、賞賛は人に対しての言葉です。まず、神様に対する賛美は、私たちを幸福にします。賛美というのは神様を崇め、褒めたたえることです。私たちは、祈る時も神様を賛美します。主よ、私のために十字架で血を流して下さったその恵みを賛美します、と祈ります。


賛美すれば、その賛美の中に神様が来て下さいます。詩篇22:3に「あなたは、イスラエルの賛美を住まいとしておられます」とあるとおり、神様は賛美の中に住まわれるのです。ですから、私たちが神様を賛美をすれば、神様がそこに来られて私たちを助けて下さり、私たちを高めて下さるのです。 


 ③祝福の言葉は人を幸福にする 


ユダヤ民族の素晴らしい特徴の一つは、人々を祝福することだと言われます。彼らは幼い時から、出会う人々を祝福するという習慣を身につけます。だからこそユダヤ民族は世界的な民族になったのかも知れません。


聖書の神様は祝福の神様です。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である神様は、彼らを豊かに祝福された祝福の神様です。ですから、神様を信じる者は人々を祝福する者であるべきです。


また私たちは、自分自身を幸せにする言葉を絶えず語るべきです。感謝します、賛美します、祝福します、という言葉をいつも口にすることが大切です。そうすれば、私たちと神様との関係が変わり、私たちと人との関係が変わり、私たちと世の中との関係が変わるのです。



今日の一言:人を幸福にする言葉を語ろう


鶴田健次


ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.01.12 22:40 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.