LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

maxresdefault.jpg 

年末、日本帰国の機上で、元アメリカ副大統領でノーベル平和賞受賞者でもあり、環境活動家でもある、アル・ゴア氏のドキュメンタリー映画を見ました。
彼は約10年前にも、環境に関する同様のドキュメンタリー映画を制作しており、今回の物は続編になります。

ドキュメンタリー映画の中では、彼の活動に加え、自然災害に関する情報、気温の上昇で崩れ落ちる氷河の映像・画像や過去の画像等を紹介したり、マイアミで起きている洪水・浸水による被害などについて、実際に起きている事を紹介していました。

彼の活動に対しても、反対派がいますし、私もこのドキュメンタリー映画だけで100%同意!などとは思わなかったのですが、一つ面白いと言うか、聖書の世界を想像させる現実の提示がありました。

それは、氷河の崩壊と、熱帯気候エリアにあるマイアミの洪水の問題です。彼のドキュメンタリー映画内では、「氷河の崩壊」と「マイアミでは雨季の洪水が年々増量しており、道路や下水路などの再整備が急務となっている」という2つの事を1つのこととしてとらえ、発生した水が地球の他の場所に降り注がれている、というニュアンスで紹介されていました。

創世記には、神がかわいた地と水の集まった海とを創られ名付けられたと書いてありますし、他の聖書箇所にも、水のふちも神が決められた、と書いてあります。
神は常に私達の自由意志を尊重してくださいますが、神が「それは非常に良かった」と仰ったほどの美しい地球を大切にしない事を悲しんでいらっしゃらないはずがないと思いました。

2018年、聖霊様がお住まいになる私の体と共に、神が創られたこの地球にももう少し目を向け、大切に生活していきたいと思いました。

初めに、神が天と地を創造した。(創世記1:1)
神は仰せられた。「大空が水の真っただ中にあれ。水と水との間に区別があれ。」神は大空を造り、大空の下の水と、大空の上の水とを区別された。そのようになった。神は大空を天と名づけられた。夕があり、朝があった。第二日。神は仰せられた。「天の下の水が一所に集まれ。かわいた所が現れよ。」そのようになった。神はかわいた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神はそれを見て良しとされた。(創世記1:6-10)



(KS)

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2018.01.08 22:45 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.