FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

The Easter Experience(2)

今日も主にあって心は”晴れるや”ですか?
今日も聖霊の満たしを祈り求めましたか?
今週はイースターで始まった一週間ですが、どんな思いで毎日を過ごしておられますか?

今日は、イースターについて考えてみました。イースターはその日曜日で終るのではなく、その恵みはその日から始まるものであることを思いました。

わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、すなわち、罪過のゆるしを受けたのである。(エペソ1:7)

イエス・キリストの死と復活は、私たちの罪の代価が支払われ、私たちの罪が赦されたことを保証するものです。

人類の歴史を通じ、数多くの偉大な宗教家たちが存在しました。彼らはみな素晴らしい教えを語りました。しかしイエス・キリストをこれらすべての宗教家たちと決定的に区別するものは、主イエスが死からよみがえられたという事実です。

これは著しく重要なことです。なぜなら、主イエスの教えがあなたを救うのではなく、主イエスの十字架の死と復活があなたの救いの扉を開くからです。

主イエスはあなたの罪のために死なれました。聖書はその事を明らかにしています。私たちは皆、間違いを犯します。誰も完全ではありません。私たちは皆、罪を犯してきたのです。

聖書は、正義は罰を要求すると教えています。もしあなたが犯罪を犯せば、あなたは時間を支払って刑期を全うしなければなりません。もし法律を破れば、罰金を支払います。同様に、もしあなたが神の律法を破れば、あなたは神が定めた罰を受けるのです。その事について、聖書はこう言っています。

罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。(ローマ6:23)

つまり、あなたの人生においてあなたが犯したすべての罪の支払いを、あなたがするか、それとも誰かがあなたのためにしなければならないということです。そこで、神は、“私がしよう”と言って、その罪の支払いを、ご自身の独り子の命という尊い代価を払ってして下さったのです。

ここに福音があります: あなたがしたすべての悪い事、あなたがこれからするかも知れないすべての悪い事、あなたがまだ考えたこともない悪い事、そのすべての罪の代価がイエス・キリストが十字架で死んで下さったことによって既に支払われているのです。わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、すなわち、罪過のゆるしを受けたのである。(エペソ1:7)

主イエスがあなたのために十字架で死なれたとき、それは二つの事を示していました。

1.あなたの罪の赦しにいくら掛かったか
あなたが何かのために支払える最高のものは、あなたの命です。それが主イエスがなされたことです。主イエスは、あなたのために十字架で血を流し、ご自身の命を捧げられました。それは極めて高価な代価でした。恵みはタダでも、決して安くはないのです。なぜなら、神の御子の命が代価だからです。しかし主イエスは、あなたの罪のためにそれを支払われたのです。

2.神があなたの価値をどのように見ておられるか
それは、あなたが神にとってどれだけの価値があるかということです。主イエスはあなたのために十字架で死なれたのです。つまり、あなたの価値は神の御子の命に等しいということなのです。

あなたは、自分の価値をどのように見ておられますか? 主イエスは、十字架の上で両手をいっぱいに広げ、「私はあなたをこんなにも愛しているのです」と言われます。あなたは自分を見て、「私はそれほど価値のある者ではない」と思っておられるかも知れません。しかし、主イエスは言われます。「そうではない。あなたは値段がつけられないほどに価値のある者。だから私はあなたのために私の命を捨てるのです。」

一言: あなたの価値は全世界の冨よりも尊い


平安
鶴田牧師


 
2010.04.09 00:00 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.