LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20171227aa.jpg

それは2年ほど前のことだったと思いますが、突然目が見えなくなったことがあました。その時、ある事を心に決めました。今回はその時のことをお話したいと思います。

その頃は、長時間コンピューターの前で仕事をする毎日でしたので、かなり目を酷使し、夜にはいつも目が痛くなっていました。そんなある朝、目に異変が起きました。目が覚めると、目が見えなくなっていたのです。視界一面が雲に覆われて何も見えず、恐怖に襲われました!
ぎゅっと目をつぶったり、目をこすったりしても何の変化もなく、どうしよう!目医者に行かなきゃ!手術かな!どこの目医者に良いドクターがいるの?どうやって探すの? などが瞬時に頭に浮かびました。

そして、「落ち着いて、落ち着いて・・・」と、自分に言って、陽の当たるベランダに出ました。暗雲に覆われた視力でも、太陽の光を感じることに安堵し、有難いと思いました。そして、主に祈りました。
「神様、目が突然見えなくなってしまいました。どうか元通りに治してください。」
「今まで、目が見える事に感謝してなかった事に気が付きました。申し訳ありません。」
「目が見えない人のことも考えていませんでした。目が見えない怖さと不自由がどのようなものかを体験しています。これも私に必要な事だと思って・・・」、等々。
しかし、どんなお祈りも自分の都合にあったお祈りと、治りたい一心の付け焼刃的な心だと自分で暴露し、主の深いところにある思いを今一度吟味してみるようにと主が言われているように感じました。

私は静まり、目を閉じ、私を作られた主に心を向け、このことを通して主が私に何を求めておられるのかを知りたいと祈りました。言葉で祈り、マインドで祈り、感覚で祈り、体全体の毛穴を開いて神様を感じ、応答をいただく用意をし、心をそそぎ出し祈り求めました。

この祈りの時間の中で、私は大切なことを教えられました。
主が私を創りこの世に送り出したのはご自身の御用をさせるため。私は主の僕としての役目を担い、主を証し導くことが私の務めであること。そして最後に、私の目を治すのは主ご自身である、という事でした。

主に仕える事の大切さは頭で知ってはいても、実際自分のこととして本気で受け止めてなかったので、意識の甘さに天から放たれた矢が命中したような痛烈な衝撃でした。

「私の目を治すのは主ご自身である」、という意味は、私自身がわかっていました。つまり、肉体で生きている私は医学を信頼していた為、主は私を戒め、永遠に変わることのない主に従うことを要求され、その上で、我が神にできないことは無いのだと私に自信を与え、使命の遂行をご計画されたのではないかと思いました。
目に見える事より見えないことの確かさ、それを学んだ時でした。

私は主に祈り、言いました。「私はあなたのもの、あなた無くして私の存在はありません。大宇宙を創り、目に見えるもの見えざるものをお創りになった主、あなたに従います。どうぞ私をお使いください。心身霊とも、あなたのために用いられますように。」 このような祈りを本気で、本心から主に捧げました。

主は私の祈りに応えてくださいました。二日後、段階的に目は開かれ、目の前に現れた世界は見慣れた景色ではあっても、光輝いた別天地に見えました。そして私の心に、神様がともにいるという自覚と自信が静かに確実に存在していることを感じました。私は、この世にいながら、神様とともにいることを心から感謝します。主がご計画されたこの人生を、ただ主のために歩んで行きたいと思います。

「あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。
疲れた者に力を与え
勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
主に望みをおく人は新たな力を得
鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」
(イザヤ40:28〜31)

(MU)

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.12.27 16:31 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.