FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   20171127photokazu.jpg


早いもので感謝祭も終わり、2017年の大きなイベントもクリスマスを残すのみ!皆さん、クリスマスを迎える準備はいかがですか?

年々、アメリカのクリスマス商戦の開始時期は始まり、夏にはクリスマスグッズが店に並び始めるのを見ます。知り合いの中には、その頃からクリスマスギフトのお買い物を始める人達もいます。

ラジオでも10月末ころからクリスマスソングを耳にしはじめます。教会では、11月に入ったころからキャンドルライトサービスに向けたクワイヤーの練習が始まったり、感謝祭後あたりからクリスマスソング=イエス様ご降誕を喜ぶ賛美が増え始めるような気がします。

個人的にはここ数年は、クリスマスソングを耳にし始めるころから、聖書のどの箇所を読み進めてクリスマスを迎えようか?考え始め、12月頃からその聖書箇所を読み進めているような気がします。

今年は、約1週間程前から4福音書のイエス様ご降誕に関する箇所をマタイの福音書から順に読み始めました。固有名詞、特に人の名前にメッキリ弱い私は、今まではマタイの福音書の1章はさーーーっと目を通す箇所だったのですが、今回始めて、1章2節~17節のアブラハムからダビデ王までの14代
ダビデ王からバビロン移住までの14代、バビロン移住からイエス様のご降誕までの14代
という系図に目が留まりました。そこで、その系図や背景、そして旧約聖書にあるイエス様ご降誕に関する預言箇所を来週あたりから読み始め、賛美と共にクリスマスに備えたいと思います!

1年の中でも一番華やかなイベント、クリスマス☆
私達の救いの為にこの世に来てくださったイエス様のご降誕を、大いに喜び、お祝いしましょう!♪

マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」  このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。  「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。) (マタイの福音書1:21-23)

(KS)

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.11.29 14:21 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.