FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#361「万物の終わりが近づいている」_convert_20171118042358 


『万物の終わりが近づいている』(Iペテロ4:7-11)


 時どき、世の中には、この世の終わりがいつかを唱える人がいます。以前「エホバの証人」が、1914年に世の終りが来ると言いましたが外れました。他にも色んなカルト宗教が「〇年〇月に世界の終わりが来る」と言ってきましたが、すべて外れました。そういう中で、正当なキリスト教会の中には、終末に関して語ることに慎重になり過ぎてしまい、その結果、終末を語らなくなってしまった教会もあります。


 しかし、聖書の終末論は非常に大事な教義ですから、私たちは聖書をきちんと学び、正しい終末理解を持つ必要があります。第一ペテロ4章7節で、ペテロは、「万物の終りが近づいている」と言っています。さらに「ですから…」と言って、その先に話の続きがあることを示唆しています。


 それは「終わり」が単なる「終わり」ではなく、同時に、新しい「始まり」であることを意味します。そして、新しい始まりは、「神の審判」の向こう側にあり、神の審判で有罪判決を受けるか、無罪判決を受けるかで、その人の永遠が明らかになるのです。そこで今回は、万物の終わりが近づいている今の時代をどう生きるべきかについてお話します。 


①心を整え、身を慎んで祈る(7節)         

  

 ペテロは、万物の終わりが近づいてきたので、祈りのために、心を整え、身を慎みなさいと言いました。つまり、終わりの時代に備えるために、まず大事なことは、心を整え、身を慎んで「祈る」ということです。身を慎むというのは、何かに酔わないということです。酔うのはお酒だけではありません。


 苦しみの多い人生において、人々は何かに酔わないでは生きていけないという現実があります。何かに酔うことで、現実から逃避したいと思うのです。ドラッグに酔う人、仕事や研究に酔う人、思想や主義に酔う人、富や権力や知識や名誉に酔う人、ギャンブルや趣味やスポーツに酔う人がいます。そういう現実の中で、私たちは祈りのために心を整え身を慎まなければならないのです。         


②互いに熱心に愛し合う(8、9節)      

 

 ここでは、万物の終わりに備える生き方として、「愛し合う」ということが挙げられています。祈りが神様に対するものであるなら、愛は人に対するものです。この愛について、まず「互いに熱心に愛し合いなさい」と勧められています。


 聖書が教える「互いに」という人間関係の概念は、難しい言葉で言うと、「相互服従」という概念で、とても重要なものです。それは、一方だけが他方を愛するのではなく、お互いが愛し合うという関係、あるいは、自立した者同士の愛の関係ということです。


 クリスチャンとして自立した者の愛は、自己中心の愛ではなく、聖霊によって与えられる意思的な愛です。ですから、ここで言われている、「互いに熱心に愛し合いなさい」というのは、自立した者同士、意思的な愛で愛し合いなさいということです。つまり、自分を喜ばせ、自分を満足させ るために相手を愛するのではなく、相手の益を考え、相手を喜ばすために愛するということです。   


③神の恵みの良き管理者として生きる(10、11節)   


 ここでペテロは、「神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を生かして互いに仕え合う」ことを勧めています。やがて私たちの人生も終わりを迎えます。この事実は、私たちが今持っているものは本当の意味で私たちの所有ではない、ということを意味します。


 能力にせよ、何にせよ、私たちは人生の途上で色んなものを手放しながら生きていきます。そして、やがてすべてを手放す時がやってくるのです。もともと私たちは何も持ってはいませんでした。ですから、すべては神様から与えられたものです。だからこそ「賜物」なのです。 


 特にここでは、神から与えられた「聖霊の賜物」のことが強調されています。「聖霊の賜物」とは、神の奉仕をするための特別な能力のことです。そこで、それぞれが、この賜物の「良き管理者」として、それを上手く用い、管理して、神の栄光を表しなさいというのが、終わりの時代に備える私たちの生き方なのです。 


今日の一言:神の恵みの良き管理者として生きよう


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.11.18 04:25 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.