FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

jesus-praying.jpg 

 これはよくある質問ですが、この答えは三位一体の神とイエスの受肉についての正しい理解があれば解かることです。三位一体は、すべてのものの存在の中で神は唯一であることを教えています。また、この唯一の神は父と子と聖霊の三つの人格を持っておられます。この三つの人格は、三つの神ではなく、一つの神です。それぞれが別の人格ですが、その本質において、それぞれが神の性質を持っておられます。

 たとえば時間の概念を見ることによって、三位一体の概念を類推することができます。時間には過去・現在・未来があります。そこには時間に関する三つの側面がありますが、これは三つの時間があるのではなく、ひとつの時間です。それぞれが別のものですが、ある意味では、それぞれが同じ性質、また本質を共有しています。同様に、三位一体は、同じ本質を共有する三つの人格なのです。

 あるいは、H2Oは水の化学式ですが、氷も水蒸気もその化学式はH2Oです。つまり、液体の水と個体の氷と気体の水蒸気は同じものではありませんが、その本質は全く同じでH2Oなのです。そのように、父と子と聖霊は別の人格ですが、その本質は同じで神ご自身なのです。

 次に神の子の受肉について考えてみたいと思いますが、キリスト教の教えにおける「受肉」の教義は、イエスを三位一体の第二位格の子なる神が人間になられた方であるとします。聖書は、イエスは人となった神である言うのです。

 つまり、「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。・・・そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた(ヨハネ1:1、14)」とあるように、イエスには、完全な神、また完全な人間という二つの性質があるのです。これを「キリストの二性」と言います。その聖書的根拠は以下のとおりです。

イエスは神である:
① イエスは礼拝される方(マタイ2:2、11、14:33)
② イエスは祈られる(使徒7:59)
③ イエスは神と呼ばれた(ヨハネ20:28)
④ イエスは罪がない(1ペテロ2:22、へブル4:15)
⑤ イエスはすべてを知っておられる(ヨハネ21:17)
⑥ イエスは永遠の命を与えられる(ヨハネ20:31)

イエスは人である:
① イエスは父なる神を礼拝した(ヨハネ17章)
② イエスは父なる神に祈った(ヨハネ17:1)
③ イエスは人だと言われた(ヨハネ19:5)
④ イエスは誘惑された(マタイ4:1)
⑤ イエスは死んだ(ローマ5:8)
⑥ イエスには肉体を持っていた(ルカ24:39)

 したがって、人間として、イエスは祈る必要がありました。そしてイエスが祈られたとき、それはご自分に対して祈られたのではなく父なる神に祈られたのです。人間イエスの地上での生活はキリスト者の完全な模範です。

 つまり、イエスが祈りを通して父なる神との生きた交わりを持ち、知恵と力を得ておられたように、私たちキリスト者も祈りを通して神との生きた交わりを持つことができ、知恵と力をいただくのです。


LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.10.30 11:00 | キリスト教 Q & A
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.