FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 suidou.jpeg

一酸化二水素(ジハイドロジェン・モノオキサイド)と言う物質をご存知ですか?

これは、「水酸の一種で、常温では液体の物質であり」 「溶媒や冷却剤などに良く用いられる物質」だそうです。また「地元の水道にはこれがいっぱい入っている」そうです。

この物質について、4月1日あるラジオ局のDJが話をしたところ、心配したリスナーが地元の水道局に電話をし騒動になったそうです。

この小難しそうな「一酸化二水素」という物質は化学式で言うとH2O、つまり「」です。
ラジオ局のDJはエイプリールフールのネタとして用いた題材でしたが、リスナーをミスリード(誘導)したということで無期限謹慎処分となったそうです。

元々この話は、1997年にアイダホ州の中学生が「人間はいかにだまされやすいか?」という調査に用いたトピックでその後世界中に広まったそうです。
彼が、上記の様に「水酸の一種であり、常温で液体の物質であり」「溶媒や冷却剤などに良く用いられる物質である」と説明し、その後「この物質は法で規制すべきか?」と50人に質問したところ、
43人が規制する事に賛成
6人が回答を保留
1人だけが、一酸化二水素が水であると見抜いたのだそうです。

これはとても興味深い話であり、日常生活でもよくあることだと思いました。 同じ物質を小難しい言葉で聞くのと、聞きなれた言葉で聞くのとで受け取り方がこうも違うとは・・・・

私達も日常生活の中で、サタンの働きと神の御業を、霊をもって見分けていく必要がありますが、サタンは常に巧妙な手段で私たちを誘惑します。何か自分にとって嬉しいことがあると 「あ!これは神の御心かも♡」 等と頻繁に言ってしまいますが、過去を振り返ると 「むーーーん。。。違ったな。。。」 という事が多々あります。またその逆もありますが、このようなミスリーディング、勘違いは、何となくこの「一酸化二水素」のトピックに似ているように思わずにいられませんでした。

聞こえる言葉の難しさに惑わされたり、目に見える困難や良い状況に一喜一憂せず、御言葉から知恵を得たり、霊の目で真実を見れるようになり「一酸化二水素」に振り回されず、安心して「水」を飲める自分にならなければ!と思いました。

確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。 しかし、悪人や詐欺師たちは、だましたりだまされたりしながら、ますます悪に落ちて行くのです。けれどもあなたは、学んで確信したところにとどまっていなさい。あなたは自分が、どの人たちからそれを学んだかを知っており、また、幼いころから聖書に親しんで来たことを知っているからです。聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。テモテへの手紙第二 3:12-15

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.10.24 09:31 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.