FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

10月1日に起きた銃乱射事件から2週間経ちます。未だにラスベガスはこの事件から立ち直ろうと頑張っています。そんな中、実はこの乱射事件の4日後に脅迫状がCCSD(Clark County School District – ラスベガスとその周辺の街の小学校、中学校、高校を管轄している部署)に届いたそうです。しかも、どこの学校を襲撃するのかが名指しだったそうです。その脅迫状を送り付けた人は面白半分だったのか、本当に行おうと思ったのか、それとも単にもっとラスベガスを恐怖に陥れたかったのかは謎です。

この脅迫状の話を聞いたときに私が思い出したのは、去年、ラスベガスで大きなニュースにもなった下の子が通っている中学校で起きた Mercury Exposure でした。体育館の一部に水銀が見つかり、学校がロックダウンとなりました。普通、ロックダウンになると学校から連絡があるはずですが、この時は連絡が全くなく、お迎えの時間になっても子供たちは出てこず、30分ぐらい経つと警察が立ち入り禁止のテープを張り始めました。学校からの連絡不足もあり、いつになったら出てくるのかと待っている親たちはイライラし始め、どこにぶつけたらいいのかわからない怒りを持って、自分の子供たちが出てくるのを待っていました。お迎えの時間から約3時間後にやっと警察のほうから何が起こり、中で何が行われているのか説明がありましたが、この時、不安、恐怖、怒りなどいろいろなものがそれぞれの親の胸中にあったと思いますが、中で待たされている子供たちもまた同じだったと思います。
 
megurisan.jpg 

この学校には1200人ほどの子供たちが通っていて、CCSDのルールでこのような事件が起こった場合には、生徒たちを一人ずつ異常がないかどうかを調べてからでないと外には出せないと決まっており、それを調べる機械というのはラスベガスにはなんと一台。急遽サンフランシスコから同じ機械2台持ってくることになったそうで、その機械が届くと徐々に子供たちが出てくるペースが少しずつあがりましたが、その時点でもまだ中には1000人ほどの子供たちが残っており、自分の子供たちが出てくるのを今か今かと待ち続ける親たちの中に私もいました。

この日は子供たちが公文へ行く日で、上の子が私と一緒にいましたが、上の子も学校があったので疲れて車の中で寝てしまい、私は車と下の子の学校との入り口を行き来していました。私自身も仕事などがあり、忙しかったので疲れが出てきてしまい、夜の9時半を回っていたため、少し車の中で休憩をすることにしました。その時にふと思い立ったのは“祈る”ことでした。私は当時、まだクリスチャンではなく、教会に通い始めて3週間ほどで、なんとなく子供たちのために行っているという感じだったので、ほとんど神様のこともわかりませんでした。そんな私がふと“祈ろう”と思い立ったのです。もしかすると神様が私に存在を示すためにそうするように導いてくださったのかもしれません。祈り方も知らなかった私ですが、自分なりに下の子が自分の元へ少しでも早く戻ってこられるようにお願いしました。そのあと、眠気に襲われて、知らないうちに30分ほど寝てしまいました。はっと目が覚めた瞬間に「学校の入口へ早く向かわないといけない」という思いに駆られ、早歩きで学校の入口へ向かいました。すると、その5分後に下の子が無事に出てきました。水銀が持ち物などに付着している可能性もあるとして、チェックのために服以外はすべて学校の中へ置いてきましたが、裸足でも無事に出てきた息子。
 
megurisan1.jpg 

息子の笑顔を見た瞬間に「神様は本当にいるのかもしれない」と思い、そして「神様に救いを求めると、いつか必ず救いの手が与えられる」ということを実感しました。今考えると、それが私がクリスチャンとなる道への第一歩だったのだと思います。
「そこでわたしはあなたがたに言う。求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、開けてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者は開けてもらえるからである。」(ルカによる福音書11章9-10)

(ML)

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」と「シェア」のクリックもお願い致します。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.10.19 01:53 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.