LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

kanazawa shoko 

書家 金澤翔子さんと言う方をご存知ですか?  
私はつい数か月前に彼女の事を知りました。
日本では、2012年の大河ドラマ「平清盛」の揮毫タイトルを書かれた方として、ダウン症の書家として、また、ご本人のみならず、お母様 金澤泰子との活動で知る人ぞ知るという方の様です。
 tairanokiyomori.gif
私が最初に彼女の事を知ったのは「『闇の中にこそ光がある』〜ダウン症の書家(娘)と私(母)の27年(2013年9~11月)」の記事を通してでした。

その中には、金澤翔子さんの誕生について、ダウン症である旨の告知からそれまでのお母様の葛藤や、翔子さんを通して与えられた希望や思いが綴れていました。

タイトルを見て、クリスチャンの方かしら?と思い、文章を読み進めて行ったのですが、読めば読むほど、クリスチャンなのか? ノンクリスチャンなのか?分からなくなってきました。「福音」という言葉や、神に祈った事なども記してあるかと思えば、翔子さんのお習字の練習には「般若心境」を使っていらっしゃったからです。

クリスチャン的な視点のある記事や人を見ると、どうしても「クリスチャン!」にしてしまいたい悪い癖(苦笑)ができてしまい、勝手な「答え合わせ?」の様な事をはじめました。
そこで、分かった事は、翔子さんが幼いころに亡くなられた翔子さんのお父様は、クリスチャンだったのです。生まれる際に医者に「敗血症で交換輸血が必要。もう一つダウン症がある。だから交換輸血をしてまで助けるのはどうだろう」と言われた翔子さんのお父様は「僕は神の挑戦を受けるよ」と言いダウン症の翔子さんを受け入れただけでなく、翔子さんがダウン症であることを受け入れるのに苦労していたお母様を励まし続け、昇天されるまで支えられたそうです。
「やっぱり! アーメン!」
そう言わずにはいられませんでした。

翔子さんの写真等を見ると、手を合わせていらっしゃる姿が多くみられますし、講演活動の場所からも、お二人はクリスチャンではないであろうと思うのですが、翔子さんのお父様を通してこのお二人には既に種がまかれており、お父様の信仰がお二人の中に生きているのではないかと思いました。

私も、この様に家族や友人の心にイエス様を知る、信じる種を蒔ける人間になりたいなと思いました。

お二人が何時かイエス様を救い主として受け入れることができますように!

主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。(使徒の働き 16:31)

(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.10.10 02:35 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.