LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

mukanshin.jpg 

ある時期、「無関心」という言葉が頻繁に目に入って来る時がありました。しばらく見なくなっていたのですが、またここ数か月程『「愛」と「無関心」』という言葉が目に入ってきました。

ノーベル平和賞受賞者であり、米国のユダヤ人作家のエリ・ヴィーゼルやマザーテレサ、渡辺和子さんなどが語られていた「愛の反対は憎しみではなく、無関心」という言葉、そして『アンネの日記』出版70周年を記念して製作されたドキュメンタリー映画「アンネの日記 第三章~閉ざされた世界の扉」

の中で訴えられる「無関心」「愛」がそれです。

神から愛され、聖書でも愛について語られているのに実際にこの「愛⇔無関心」について向き合うまで数か月かかったという・・・本当に典型的な無関心な人間だと・・・実感しています。また、人間に対しての無関心だけではなく、いただいている愛、恵みや主の導き、声にも無関心だという事に気づきます。夫や家族に対しても無関心になりがちです。。。。

何故、無関心なのか??、自分の事が大好きすぎるのかもしれません(苦笑)、他の物・事に振り回されすぎていたり、目・気が行きすぎていることは確かです。。。色々な物を食べたくて、買いたくて、見たくてがむしゃらに仕事をしすぎな所もあります・・・
ルカの福音書にはイエス様がマルタに「主は答えて言われた。「『マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。(ルカの福音書10:41-42)』本当に必要なのは今イエス様のそばでイエス様の言葉を聞くことだ」と仰いました。
色々な事を心配しなくても主は私たちの必要をご存じで全てを与えてくださるとも仰っています・・・。

それなのに、御言葉よりも仕事、時事ニュース、娯楽。と、どうしてもそれらに目が行き、神に対して、そして神が愛される人達に無関心になっているのだろうなぁ~。それにしても、主に目を向け続けるのは本当に難しいなぁ~。だから、『「心をつくし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」また「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」とあります。」イエスは言われた。「そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」(ルカの福音書10:27-28)』とおっしゃるのかなぁ~。
あふれるばかりの神からの愛を、他の人に注げるように、先ずは神から受けた愛を認識できるよう心・思い・力を尽くし、感謝して生活する癖をつけ、手帳に感謝したことをできるだけ書こう!と思った、今日この頃です。

先々週の鶴田牧師のBlog記事でもあったように、私なりの1歩(1つの感謝)から始めてみます!

(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.10.03 01:19 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.