LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20170918pa.jpg

10月が近づくと、もう直ぐだ母の誕生日だなーと思います。今年の誕生日も母に会いに日本へ行く予定ですが、あと何回母の誕生日をお祝いできるのだろうと思うと、胸が詰まります。

 

誕生日で思い出すのは、あの時の電話です。

それは私の誕生日の出来事なのですが、人生を振り返っても、あの電話ほど母を喜ばせたことはないし、私自身も感動した事でした。

あれは私が234歳ごろの誕生日の事です。

その日、誰からもプレゼントやバースデーカードや誕生日おめでとうの電話が無く、一人さみしい気持ちで沈んでいると、さみしさは益々膨らんできて、私は世の中に必要無い人かもしれない、何の役にも誰の役にも立たない存在なら、今消えていなくなったって誰一人何の変化も無く明日が来るんだ! 自分の存在価値をそんな風に思って、流れる涙を止めることができませんでした。

 

さんざん泣いた後、ふと頭をよぎるものがありました。

それは、私を産んでくれた母のことでした。

母は私の誕生日を忘れてないよね、と思いながらも、同時にこんなことを思いました。

母が私を産んだ時ってどんなに大変だっただろう、痛かっただろう、想像を絶する恐怖&試練かもしれない、逃れる道は無く、ただ産むという選択だけがあるのみ、という壮絶な状況をこの身に置き換えると、涙腺が崩壊し怒涛の勢いで涙が溢れ出しました。

その涙と思いは、言葉で言い尽くせない大きな感謝と尊敬と母を思う愛おしさとなり、瞬時にして私の心を変えたのでした。

 

“こんなことしていられない、母に電話して産んでくれたことのお礼を言わなきゃ!” と思い、電話をしました。本来ならテレくさいけど、私を突き動かすものがあって止められなかった、というのが本当のところです。

 

「もしもし、お母さん? 今日は何の日か知ってる? 私の誕生日よ。」

「あれっ? そうだったね、今日はMちゃんの誕生日だ、おめでとう!  忘れてたよ、ごめんね!」

「ありがとう。でもね、そうじゃなくて、今すごい事が起こったのよ。誕生日は、おめでとうを言ってもらう日じゃなくて、お母さんにありがとうを言う日だって分かったの! お母さん、私を産んでくれてありがとう。本当に感謝してるよ。産む時ってどんなお母さんだって、苦しくて痛くてすごーく大変だよね。生まれた後は、一度だって落とさないように気をつけてくれただろうし、健康に育てなきゃならないし、生まれる前だって、大きなお腹で不自由を強いられたでしょう。そんなことを想像したら、誕生日はお母さんに感謝のお礼を言う日だって分かったのよ。」

母は、「そんな事言って私を泣かせないでー。嬉しくてどうしたらいいか分からないよー。ただ、嫁いだ女なら誰だってする当たり前のことをしただけだよ。でも、ありがとう。報われた気がするよ! ありがとうね! 今日のことは私の宝物だよ!」

そんな会話でした。

 

これは私がクリスチャンになる10年ぐらい前の、まだイエス様を知る以前のことですが、この世を愛し支配しておられる主は、私にも働いておられたことが後になって分かりました。

そして、クリスチャンになってからは、その母を誕生させてくださったのも主であることを知り、この世に存在する全てが神様からの贈り物だと分かった時には、神様の愛の大きさに感動を覚えました。

 

聖書にこのような言葉があります。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」 これは、有名な第1ヨハネ4:10です。

優しく書いてある御言葉ですが、私がこの意味の重大さを理解できた時、これを母に伝えなきゃ、と心に決めました。何年も何年も失敗が続き、2年ちょっと前にやっと母を救いに導きました。

それは神様だけがご存知の最高の時でした。それ以降、母の具合がだんだん悪くなり、これから先1年生きられるかどうか分からず、体力も記憶力も聴力も低下しているのが現状です。

来月また日本へ行きますが、聖書に書いてある、母が行く場所、神の国がどのようなところかを母に話し、安心してもらいたいと願っています。

闇の夜を照らすまことの光だけが希望の光、母のことを主に感謝します。

 

MU

 

下記のアイコン「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただきますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」のクリックもお願い致します。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.09.18 15:43 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.