LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#345「若者は幻を見、老人は夢を見る」_convert_20170729045946 


今日は、"若者は幻を見、老人は夢を見る"という聖書の言葉を考えてみました。


東京に聖路加国際病院という病院があります。この病院に『聖ルカ病院』という名前がついているのは、『ルカの福音書』を書いたルカが医者であったからだそうですが、この病院は、医師であり宣教師であったルドルフ・トイスラーによって開設されました。


ドクター・トイスラーは、この病院にこういう夢を託しました。「この病院は、クリスチャンの愛が人の苦しみを救うために働くとき、人を変える力となるということを誰もが確信するようになるための生きた器官である。」


この創立の精神は今もしっかり引き継がれ、日本で最も進んだ病院として脚光をあびています。この病院をさらに有名にしたのは、日野原重明という人です。日野原先生は1911年生まれで、今年の7月18日に105歳で召天されましたが、生涯、現役を貫かれた方です。


クリスチャンであった日野原先生は、『人生は75歳から』という持論を持ちながら、この病院に掲げられた夢の実現のために頑張って来られました。この『人生は75歳から』というのは、おそらく旧約聖書のアブラハムから来ているのではないかと思いますが、信仰の父と言われるアブラハムは75歳になってから、人類を救う神の計画の担い手として新しい出発を始めました。


モーセが、エジプトの奴隷となっていたイスラエルを救うために立ち上がったのは、彼が80歳の時です。それから彼は、120歳で死ぬまでの40年間、イスラエルを約束の地に導くという夢の実現のために力強く生きました。


ヨシュアがモーセの後継者となって、カナンの地を征服するために歩み出したのは、彼が95歳の時です。それから彼は110歳で死ぬまでの15年間、カナン征服の夢を持ち続けながら、夢の実現に向かって進んで行ったのです。


十数年前、世界で大成功を収めた200人の人々に関する研究発表がなされました。その中で、この200人全員に共通するものがありました。それは、彼ら全員が大きな夢を持ち、明確な目標を定め、その目標達成のために歩むことを止めなかったということです。


使徒パウロにとって、すべての人がイエス・キリストの福音を聞くようになることが、何としてでも実現させたい夢でした。ですから、彼は、どんな迫害を受けても、むちで打たれ、石で打たれ、牢獄に入れられても、その夢を追い求めることを止めませんでした。それによって、全世界にキリストの福音が広がる足がかりが出来たのです。


私たちも夢を見る必要があります。教会としても、個人としても、私たちは夢を見なければなりません。しかも小さな夢ではなく、神様が持たせて下さる大きな夢を見なければなりません。小さな夢は小さな働きにしかつながりません。しかし、大きな夢は大きな働き、永遠に関わる結果につながります。


人は年を重ねるにつれて過去を見、うしろを向きがちになります。しかし聖書は、人は聖霊を受けると『若者は幻を見、老人は夢を見る』と言います。皆さんも聖霊を受けて下さい。そして、もっと幻を見、もっと夢を見、祝福の運び手となって価値のある人生を生きていきましょう。



今日の一言:若者は幻を見、老人は夢を見る



鶴田健次  


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.07.29 05:00 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.