LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

rv.jpg 

私たち夫婦は、2007年にアイダホからラスベガスに引っ越しして以来、毎年仕事のあるアイダホ、及び家族の居るオレゴンで夏の3-4カ月を過ごしています。その間、ここ4-5年はRV(Recreational Vehicle)で生活しています。

この様な生活は、アメリカでは特に珍しいことでもなく、実際夫は、高速道路の工事夫であった彼の父親、電線工事夫だった自身の都合で幼少の頃そして自身の子供が学校に入る前までの各5-6年程RV生活をしていたようです。

また、ここ数年は定年後全米・世界をRVで旅しながら生活する人々が明らかに増えています。勿論、若い世代も週末を家族と自然の中で過ごすためにRVを所有する人達も多くいます。

この様なRV生活の事、RV生活中に出会った方との事を少しずつこのBlogでお伝えさせていただこうと思います。

Wikipediaによると、北米においてのRVは約1745年頃から始まった白人移民によって使われていた「ほろ馬車」が始まりのようです。

 wagon_train_photo_large.jpg
東海岸経由で入ったヨーロッパからの移民はこれを使い、必要な物を積み、移動する生活をしながらアメリカを開拓していったのでしょう。良い季節もあったでしょうが、アメリカの自然は時に厳しくもあります。その時代にこの様な生活をしていた人々の環境を思うと、しっかりしたRVの中に電気・水道・ベッド等必要な物すべてが備えられている与えられている現代のRV生活、そしてそれが当たり前になり感謝する事も忘れている私を思います。

更に歴史を遡ると、イスラエルは、荒野で40年間生活しました。エジプトを出て直ぐにエジプトでの食生活を恋しく思い、つぶやきました。そんなイスラエルに神はマナを降らせ日々の糧を与え続けてくださっていましたが(出エジプト記16章)、異邦人の生活を見て欲が出たイスラエルは、再度、エジプトで食べていた食べ物を思い出し「マナしかない」とつぶやきました(民数記11章)。

今後ご紹介するRV生活は、素晴らしいことも多くあるのですが、ついつい・・・ベガスでの生活を恋しく思い、つぶやくことも多々あります。そんな私は、日々主に守られ必要な物を与えられているのに、つぶやいてしまったあの時のイスラエルと全く変わらない「つぶやくのに早く、感謝するのに遅い者」であることを改めて思います。そして「神は、私たちの必要を満たされますが、私たちの欲は満たされません。」という、ある牧師の言葉が思い出されました。
哀れみ深い主が、恵みにより朝毎に私たちの必要を満たしてくださっていることに感謝いたします。

私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。哀歌3:22-23a

(KS)


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.07.18 01:06 | その他の地域・国
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.