FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

hanabi.jpg 

2017年も半年が過ぎ、夏の大きなイベント「4th of July 独立記念日」も終わり、2017年後半が始まった!という感じですね。

皆さまの、4th of Julyはいかがでしたか?

私はこの4th of Julyの花火を見る度に日本が恋しくなります。正確に言うと、あの日本の綺麗な繊細な花火が恋しくなります。

1990年代学生としてカリフォルニアで過ごした5年間、この日に必ず「あぁ~日本に帰りたいなぁ~。日本の花火見たいなぁ~」とホームシックになっていたことを覚えています。
当時と比べるとアメリカの花火も随分配色のバラエティやデザインの種類も増えたように見えますが、それでもあの日本の花火にはかないません!

と同時に、ここ数年クリスチャンとして花火を見た時に、ソロモンの言葉
空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。 日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。(伝道者の書1:2-3)
という御言葉が頭をよぎります。

大勢の人が楽しみにして、こぞって見に出かける花火大会の為に、花火職人さんが趣向を凝らし、時間をかけて一生懸命作る、あの美しく輝く花火も一瞬の出番が終わると、空には跡形もなくなり消えていきます。
同様に、この世の短い人生でどんなに一生懸命に働いて着飾っても、カッコイイ!車に乗っても、素晴らしい家に住んでも、この世のものであって、私たちがイエス様の元に行く時には何の意味もないものになるのです。
・・・それが分かっていても、その様な「世にあるもの(=肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢)」を愛している私がいます。

いつの日か、この御言葉を霊的に理解し、二つ心ではなく御父だけを愛する人間になれるよう、神の国とその義とをまず第一に求め、御父の大きな愛をもっともっと知り、祈り、御言葉に繋がって生きて行きたいものです。

世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。  (ヨハネの手紙 第一 2章15節)  


(KS)

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.07.05 15:02 | その他
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.