LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

page-banner-help-topic-bible.jpg 

  私はノンクリスチャンの方から時々この質問をされることがあります。そのとき、私はその方に、「たとえば聖書のどの部分ですか?」と尋ねます。するとほとんどの方が、「具体的には思い出せませんが・・・」と言われます。人は神を信じたくないとき、誰かから聞いた不確かな情報すらも、その理由として用いるものです。

  実際、聖書の中には、矛盾や食い違いと思えるような記述がないわけではありません。しかし、だからと言って、それが間違いであると証明された例はひとつもありません。もし、本当に聖書の中に間違いがあるのであれば、もはや聖書を神の言葉とすることはできなくなるでしょう。ところが、矛盾と感じることろでも、それを矛盾として簡単に片付けないで、もう少しよく調べてみると矛盾ではないということが分かるのです。

  聖書の矛盾を主張する際に大切なことの一つは公平性ということです。私たちは自分の好みで判断の物差しを違えてはなりません。聖書を測る物差しは他の文献に対しても適応させなければなりません。もし聖書に対してだけ厳しいルールを適応するとしたら、そこから生まれる結論には問題があります。

  そもそも矛盾という言葉は、いかなる盾(たて)をも突き通す矛(ほこ)と、いかなる矛をも防ぐことができる盾が同時に存在することはありえない、という中国の故事から発しています。つまり、あることを一方では肯定し、同時に他方では否定する、というふうに論理の辻褄(つじつま)が合わないことです。

  したがって、もし誰かが聖書の中から矛盾を見出すなら、その時、聖書の真理性は崩れてしまうのです。例えば、聖書の中に、イエスがベツレヘムで生まれたという記述とエルサレムで生まれたという記述があれば、それは明らかに矛盾だと言えるかも知れません。しかし、矛盾のように見えても、矛盾せずに二つの内容が異なるという可能性は存在するのです。それを明らかにするのが組織神学です。

  組織神学というのは、一見、矛盾したり無関係のように見える個々の霊的真理を一つの調和したもの、また体系化されたものとして理解しようとする学問です。

  たとえば、神は愛であり、どんな罪も赦して下さいます。また同時に、神は義であり、どんな罪も裁かれます。そのように、聖書が、神は罪を赦す方であると言いながら、神は罪を裁く方であると言うなら、それは矛盾です。しかし、その一見矛盾しているかのように見えることを、矛盾ではなく、どのように調和して説明できるか、また理解できるか、それを明らかにしようとするのが組織神学です。

  他の例を挙げれば、聖書には、イエスが十字架に架けられたという記述と、木に架けられたという記述があります。そこで、ある人は、これを聖書の矛盾だと言います。またある異端は、イエスは十字架に架けられたのではなく木に架けられたのだと主張します。しかし、冷静に考えれば、十字架と木は矛盾ではなく、木は十字架の材質を言っているに過ぎないのです。

  あるいは、エリコの盲人の場合もそうです。マタイの福音書は二人の盲人がイエスに出会ったと言い、マルコとルカの福音書では一人しか記されていません。これは矛盾でしょうか。そうではありません。マルコとルカは、二人のうちの一人の癒しを記しただけなのです。

  多くの人々が聖書に間違いがあると言いますが、実のところ、その人は聖書を正しく読んでいないのです。

LVJCC牧師:鶴田健次



ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.07.04 05:59 | キリスト教 Q & A
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.