LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 Zen_Baptism_convert_20170601060731_convert_20170601061227.png zen__Sensei_2017_convert_20170601061306.png


先日ある姉妹から、本ブログに6年前に搭載した、ある記事(こちらから)を共有してもらいました。息子の洗礼式からちょうど6年が経とうとしており、霊の6歳の誕生日祝いのお言葉をいただきました。以前の記事のことをすっかり忘れていた私にとって、改めて重要なことにハッと気づかされた瞬間でもありました。


思い起こせば、息子が信仰告白をして、ペンテコステ礼拝で5歳の歳にして洗礼の恵みに預かってから、早6年を迎えようとしております。


今年でこの地上では12歳になる息子は、心も体もどんどん大きくなり、来週小学校も卒業を迎えます。そんな子供の成長を眺めながら、時間の過ぎる速度が毎年加速しているように思えて仕方がない今日この頃です。。


そんな中で、我が子が救われた恵みを改めて思い出し、違った意味での感謝の思いがこみ上げてきました。と同時に、ここまで神様と共に歩ませていただいた歩みと、これからの歩みについても、立ち止まって考えるとても良い機会となりました。


これまでもずっと霊と身体の成長を支えて下っている教会員の皆様、日曜学校の先生方など、多くの方々への感謝の思いでいっぱいになります。特に牧師先生は、教会に集う子供達一人一人を覚えて常に気にかけてくださり、いつも祈ってくださっております。子供達の中にはお腹の中にいる時から、成長を温かく見守って応援してもらっている子達もいます。我が子もそのうちの一人で、生まれる前からの先生との関係は、前回のブログにもご紹介させていただいた通り、特別なものであることは間違いありません。


その関係の土台があるがゆえに、息子は子供ながらに自分がラスベガス日本人教会の一教会員という自覚を持ち、神様が与えてくださった自分の教会での自身の存在を認識しながら共に信仰生活を送っております。そして時には兄弟として、くじける私を励ましてくれることもあります。


自分が救いの恵みに預かった時を今思い起こせば、涙がとまらないほどの感動があったこと、さらには息子の洗礼式もまたなんとも言い表せない感謝と感動を覚えたことを思い出すことはできるのですが、その後その感動が薄れて行ってしまっていたことにも今回気づかされました。それは半ば救われたことを当たり前に感じてしまっているような状況でしょうか? 


私自身、子供が救われたことに対して感謝の思いも忘れ、それぞれが個々にマンネリ化した生活を送るようになり、それは決して神様がお喜びになるような信仰生活ではないことも知りながら続行されている状態で、いわばぬるま湯に浸ったクリスチャンになっていることにもハッと気づかされたのでした。


8月からは中学生になる息子にとって、幼いながらに罪と福音を理解していた洗礼時の神様の理解と、今現在の理解、また葛藤もそれぞれ髄分変化してきていることを思います。


洗礼当初の純粋な信仰を保ちつつ、神様と歩む信仰の土台を作るにあたって、これからますます重要な時期に入ろうとしていると思うと、母親ながら、身が引き締まる思いが与えられます。


そして今回与えられた立ち止まる機会は、親として自分の力に頼るのではなく、息子の人生のあらゆる場面に神様の御介入を祈り求め、まず親である私自身が神様との関係をしっかりと持ち続け、何よりも御心を祈り行う母でいたいと気持ちを新たにしたのでした。


今年のペンテコステ礼拝は、色々な気づきが与えられた6回目の息子の霊の誕生日となりそうです。


「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」

ローマ人への手紙:10:9 


「人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。」

箴言16:9


YK


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.06.01 06:05 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.