LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Blog_334 人間は生きた細胞の集団_convert_20170513050604 


今日は、「人間は生きた細胞の集団」であるということを考えました。


人間の体の細胞は全部で60兆個と言われていますが、その中で毎日20%(15兆個)ほどの細胞が死んで、また毎日それが再生されていると言われます。


腸管粘膜細胞は1~2日で死にますが、脳細胞は死なずに3歳頃まで増殖を続け、その後は全く増えずに生き続け、10代からはただ減少するだけだそうです。人間の体を支える硬い骨でさえ、その細胞は数ヶ月で全部新しく置き換わるそうです。


1秒間に約5000万個の細胞が生まれ変わりますが、体細胞60兆の他にさらに赤血球は体重60kgの人で約23兆個あるそうで、その寿命約120日です。ですから、赤血球は1秒間に200万個が死に、同時にまた毎秒200万個が新しく製造されているのです。何という驚異の世界でしょうか。


1個の細胞の大きさは1ミクロン(1000分の1ミリ)で、1センチ四方の広さの皮膚には約100万個の細胞があるということになります。そして、その1個の細胞のDNAには数10億の情報があると言われています。まさに命の不思議、人体の不思議です。


しかし、まだまだ不思議は続きます。殆どの細胞は正常増殖をし、死を迎えますが、誰にでもガン遺伝子というものがあり、免疫力が弱くなたら、死なずに生き続ける細胞に変化しようとするネラッテイル遺伝子と呼ばれるものがあります。それがガン細胞です。したがって、誰にでも、またどこの細胞からでもガンになる可能性があるのです。


ですから、常に免疫力を高める生活習慣を身に付けることが大切だということが解ります。


ところで、最近の高度なハイテク技術をどんなに駆使しても絶対に人工的には真似できないのが免疫システムです。免疫とは、一言で言えば、病気から免れる仕組みのことで、自分は全く気がつかずに生活している間に昼夜、休むことなく頑張っている細胞たちである白血球の活躍によるものです。何しろ100万種類以上といわれる外敵(細菌・ウイルス・有害物質など)が体に触れたり侵入したりして、それが細菌だと認識された場合、白血球が直ちに動員され細菌を殺し、自分も死んで膿となります。

           

また、病気で生涯免疫の出来るハシカ、フウシンでは、そのウイルスたちが年中その辺にうろついていて人間に侵入しようと狙っていますが、直ちに専門のリンパ球が抗体を産生し絶対に相手を間違えずに攻撃して打ち負かし、24時間体制で防衝し続けています。


最後に、生まれて問もなく分裂を終了した140億個とも言われる脳細胞は、20才前後から毎日10ー20万個程消失して行くそうです。神経繊維では、―番太い座骨神経(約100万本の神経繊維)から、片手には約1700本の神経織推があるといわれていますが、全部つなぐと100万キロメートルにもなるそうです。これは地球を25周するとんでもない長さです。

このように秩序正しい、驚異的な機能を持った人間の体が、果たして偶然の積み重ねで進化するものでしょうか? 何のために進化するのでしょう? 意味も目的もなく? それはあり得ないことです。冷静に考えればすぐに分ることではないでしょうか。


人間は至高者なる神の意志によって素晴らしい目的のもとに造られた存在なのです。


今日の一言: 人間は神によって造られた存在である


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2017.05.13 05:07 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.