LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

vivosXpoint1a.jpg

先日ニュースで、高級防護シェルターの記事を読みました。人類の危機に備える人々が増えているのでしょう。需要がかなり増えているようです。 

 

シェルターというと、戦時中の映画やドラマで見る穴を掘った防空壕や、コンクリート作りの殺風景な地下室を連想してしまいますが、ニュースで取り上げていたのは、特別仕様の高級地下シェルターでした。時代は全く変わったのだと思いました。

そして、富裕層もずいぶん増えたのでしょう。シェルターでも別荘のような快適な居住空間を、といった高級シェルターの注文が多いのだそうです。

ある会社では、2016年の売り上げが前年比で700%層だった、というのですから驚きです!

 

キリストを信じる私たちは、死後どこへ行くかわかっており、既に約束されているので、主の御旨に従っていけば良いのですが、イエス・キリストを知らない人や、受け入れていない人達は、この世界でどうにかして生き延びようと、知恵や、資金や、時間を使って、優れたもの、人もうらやむような素晴らしいシェルターを考え出しました。

 

冒頭の写真は地下にある高級シェルターです。入り口や窓の光が自然光のようですが、発光ダイオードLEDです。

下の写真もご覧ください。光は全てLEDで、これらはみな地下シェルターです。


oppidum21a.jpg 

oppidum31a.jpg 

vivEuro11a.jpg 

これなら避難中も快適な生活が維持できるでしょう。たとえ地上で異常気象が頻発して、超大型竜巻や、巨大地震や、津波や、火山の噴火や、洪水などでも、また、核物質汚染や生物兵器の病原菌が地上を覆っても・・・

 

しかし人間は、どれほど安全保障付きの場所にいたとしても、恐怖心というものを克服することができるのでしょうか。たとえ、このとびきり高価でセキュリティーが厳重な豪華シェルター内にいても、もし外界が一面火の海だと知ったら、それでも平常心でいられるのでしょうか。

 

聖書では、恐怖心を感じることは、サタン・悪魔が人間の心を惑わせコントロールする手段の一つだと言います。

イザヤ41:10 に、「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」と、力強く約束してくださっています。

 

聖書の預言にあるように、今世界は終末に向かっていることは確かです。シェルターが、その中にいる人たちの命を守ってくれるはずですが、せっかく生き延びた命も、寿命が来れば終わってしまいます。

 

私たちは1時間先のことさえわからない存在ですから、全てをご存知の主にゆだねて生きていけることは、何と幸いなことでしょう。

一人でも多くの方が一日でも早く救われることをお祈りします。

 

MU

 

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.05.11 05:05 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.