FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ラスベガス日本人教会ゴスペルクワイヤーは2月15日(月)President Dayの日に、美津子Elliot姉妹がおられるManor Health Care Centerを訪問し、センターの方々にゴスペルを聞いていただきました。

今回のゴスペルクワイヤーチームの編成は、あや姉妹、ビビアン姉妹、田上兄弟、ショーン君、私(早織)そして子供達も交えて一緒に歌いました。

2.15.10 GSP 3

最初は美津子さんの部屋に行き、同室のお婆さんとご挨拶方々少しお話をし、美津子さんも一緒に皆でお祈りをしました。そして音合わせをした後、「24/7」、「ハレルヤ」 を大きな声で歌いました。

通常、ゴスペルの練習をする前には軽くストレッチをしますが、今回はストレッチをしなくてもお祈りをした途端に体が温まり、いつもより良く声を出すことができました。私たちの歌う声を聞いて部屋には他の部屋からの患者さんたちが集って来ました。 まるで聖霊が観客を連れて来てくれたようで、私達は力を得ました。

その後、大勢の方々がいらっしゃるテレビのある多目的ルームでゴスペルを歌いました。たくさんの患者さんがいる前でしたので最初はちょっと緊張気味だったクワイヤーも、歌うにつれ緊張がほぐれ、とても楽しく歌う事が出来ました。歌っているうちに患者さんたちのお顔も笑顔になっていきました。

2.15.10 GSP 4

前回1月7日はシニアミニストリーの訪問礼拝にゴスペルのメンバーが合流した形でしたが、今回はゴスペルクワイヤー単独のManor Health Care Centerの訪問でした。
チームのみんなが心を一つにして主を賛美し、聞いてくださる方々の魂に主が触れて下さる事を願って歌いました。

Manor Health Care Centerにはアルツハイマーや記憶障害の患者さんたちがおられますが、その方々の魂が神を感じ、安らぎを得るなら、それは主の素晴らしいご計画の一つです。神様がこの機会を与えてくださり、歌うことによって主を証しして行く事ができる喜びを感謝します。

ゴスペルクワイヤーは主が率いる、主を賛美するための聖歌隊です。 私たちが大切にしたいのはキリストの十字架を崇め、主に栄光をお返しすること。自分の思いや知恵ではなく、神の言葉で神が望む方法でラスベガスの地に福音を伝えて行くことが私達の使命だと受け取っています。それを “賛美”という手段によって私たちゴスペルクワイヤーが用いられ、その使命を仰せつかったことを心から光栄に思っています。

最後に、昨年10月に発足した私たちのゴスペルクワイヤー、以来クワイヤーの名前を祈り求めてきましたが、ついに授かりました。名前は、『The Cross of Christ』です。

キリストが私をお遣わしになったのは、バプテスマを授けるためではなく、福音を宣べ伝えるためです。それも、キリストの十字架がむなしくならないために、言葉の知恵によってはならないのです。(コリント人への手紙第一1:17 )

For Christ did not send me to baptize, but to preach the gospel―not with words of human wisdom, lest the cross of Christ be emptied of its power. (1 Corinthians 1:17-2:8 (New International Version))


(ブログ制作チーム: Sao)
2010.02.26 00:00 | その他
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.