LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#330「グッドフライデー」_convert_20170415030137 


今日は、‘グッドフライデー’について考えてみました。


今日はグッドフライデー。そして次の日曜日がイースター。今から約2000年前の今日、イエス・キリストは人類の罪の贖いのために十字架に架かり、三日後の日曜日に死から復活することによって死に打ち勝つ道があることを明らかにすると同時にし、ご自分を信じる者に罪の赦しと永遠の命を保証して下さいました。 


イエス・キリストが十字架のつけられたとき、その両側に二人の強盗も一緒に十字架につけられましたが、聖書が十字架の二人の強盗の出来事を記録している理由は二つ考えられます。


第一の理由は、死の直前でも、悔い改めた一人の強盗が救われたように、どんな状況にある人でも、イエス・キリストを信じて受け入れるなら救いを得ることができるということを教えるためです。


 また第二の理由は、もう一人の強盗が、前の強盗と同じキリストの姿を見て、また同じキリストの祈りを聞いたにも拘わらず、キリストを救い主として受け入れなかったがゆえに救われることなく永遠の滅びに至ったという厳粛な事実を示すためです。


キリストが死なれることは、神のご計画でした。しかし、神の御心を知らない人々は、あざけりと非難の言葉を十字架上のキリストに投げかけました。しかしキリストは、何の反論も弁明もせず十字架にかかられたのです。なぜなら、キリストがそのような呪われた者の姿になることが神の御心だったからです。

イエス・キリストは私たちの罪が赦されるために、身代わりの裁きを十字架で受けられたのです。だからこそ、どんな人々のどんな辱めもキリストは忍んで受けられたのです。それは、どんな人々のどんな罪をも引き受けて、身代わりの裁きを受けるためでした。


キリストが十字架の上で死なれたということには、もう一つの側面があります。それはキリストが自発的にご自分の命を捨てられたということです。イエス・キリストはユダヤ教の指導者たちに迫害されておられたとき、「わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のために命を捨てます」と言われました。それから、それに続いて、「誰かが、私からそれを取り去るのではない。私が、自分からそれを捨てるのである。・・・・・・これは私の父から授かった定めである」とおっしゃったのです。つまり、イエス・キリストは自らご自分の命を捨てるのだ」と言われたのです。


歴史家たちは、当時のユダヤ教の人々によってイエス・キリストは十字架につけられたと言います。出来事としてはその通りです。しかしイエス・キリストは、殺されたくなかったのに殺されたのではないのです。キリストは、ご自分から命を捨てるために、十字架にお架かりになったのです。


イエス・キリストの十字架の死によって、どんな人も救われる世界が始まりました。


キリストは十字架の上でご自分を十字架につけた者たち、またご自分を罵る者たちのためにこのように祈られました。 父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか、 自分でわからずにいるのです。」 この「彼ら」には、あなたや私やすべての人が含まれています。


しかし、この場で救われたのは、二人の犯罪人のうちの一人でした。マタイによる福音書によると、はじめは二人ともキリストを罵っていたのです。ところが、この犯罪人は、キリストのそばにいて、その人格に触れ、自分が送ってきた人生を反省し、神を恐れない人間として生きてきたことに気づき始めたのです。


そして、イエス・キリストに、こう言いました。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」 するとキリストは、「まことに、あなたに告げます。あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます」と約束されたのです。


今日の一言: キリストの十字架は我が罪のためなり


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




2017.04.15 03:05 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.