LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20170412_2a.jpg

受難週を迎え、今日は水曜日です。

聖書、マルコの福音書143節には、イエスが十字架につけられる週の水曜日のことがこのように書かれています。

「イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられたとき、食卓に着いておられると、ひとりの女が、純粋で、非常に高価なナルド油のはいった石膏のつぼを持って来て、そのつぼを割り、イエスの頭に注いだ。」

すると人々は、「何のために、香油をこんなにむだにしたのか。この香油なら、300デナリ以上に売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」と、口々に言ってとがめました。

しかしイエスはその人たちに、「そのままにしておきなさい。なぜこの人を困らせるのですか。わたしのために、りっぱなことをしてくれたのです。この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです。」と言われました。

 

イエス様は、ご自身が十字架で死なれた時の香油のことを言ったのですが、この時点で人々は、その意味を理解していませんでした。しかし人の心がお分かりになるイエス様が仰るように、香油を注いだ女性は、イエス様の葬りの予感があったのでしょう。そしてイエス様は、「りっぱなことをしてくれたのです」と言って、その女性をお褒めになりました。


20170412_31a.jpg 
ユダヤの習慣では通常、葬りの準備として、墓に埋葬する前に体に香油を塗ります。

マルコの福音書では、埋葬の時に香油を塗ったという記述はありませんが、ヨハネの福音書1931-40節には、ニコデモが没薬(もつやく)とアロエを混ぜたもの30キロを持って来てそれを香料といっしょに混ぜて亜麻布でイエスの体を包んだ、と記しています。

 

没薬は、イエス様が誕生された時に、東方の博士達が黄金、乳香、没薬を幼子への贈り物としてささげられた品の一つでした。黄金は王に贈る物,乳香は神に贈る物,没薬は死者に贈る物とされていたようです。また、没薬は、防腐剤として死者に塗るものとして用いられていました。

いづれも貴重なものですが、イエス様は誕生の時から死の予告がされているようなスタートだったのだなと考えさせられました。

 

更に、幼子イエスが布にくるまれ寝かされた飼い葉おけは、当時は石をくりぬいたもので、十字架で息を引き取ったイエス様が葬られた墓は、石をくりぬいた墓というのも象徴的だと捉える人もいます。

 

しかし、その死は、世の罪を購い、死を通り過ぎて与えられる復活の光を人類にもたらしました。

「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。」(ローマ4:24-25) そして私たちイエス・キリストを信じる者たちを、その後に続くものとしてくださったのです。ハレルヤ!

 

MU

 

ブログランキングに参加しています。

「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.04.13 07:19 | 受難節
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.