LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

牧師室より#328「若さの秘訣」 


今日は、’若さの秘訣’について考えてみました。


私も先月64歳になり、物忘れ、記憶力の低下、体力の衰え、食欲の低下、と身体のいろいろな機能が低下していることを少しずつ感じるようになりました。そして若い時には思ったこともない「若いっていいなあ」ということを時どき思うようになりました。


しかし、周りを見渡したり、テレビや雑誌を見たりして思うことは、男性でも女性でも、70歳、80歳、90歳という人々の中に10歳も20歳も若く見える溌剌とした方々がおられるということです。また、見かけだけでなく、体力的にも10歳から30歳も若い体力を持っている方が実際におられることには驚きです。


さて、私たちが生きている世界には、すべての生物に共通して働いている法則があると言われます。その法則の一つが【成長の法則】です。

例えば木を考えてみると、

小さな種が発芽し、芽がはえて、徐々に大きな木に成長していきます。
成長がとまると、木は徐々に枯れていくことになります。

成長が止まると枯れ始めるのです。

動物も人間も、子供から大人、そして老人へとサイクルが続きます。
そして、成長が止まると枯れ始めるのも植物と同じです。

そして私達人間の成長には、肉体面と精神面とがあります。
肉体の成長がストップし老化し始める年齢は、個人差が少ないのですが、

精神面での成長がストップする年齢というのは、個人差が大きいようです。

だから人間には、30歳にして精神面での成長がとまり、心身ともに老け始める人もいれば、60歳なのに、精神面では成長を続けていて、だからこそいつまでもイキイキと若々しいのです。

精神面での成長がストップする年齢は人によって違うため、同じ歳でも「若々しい人」と「老けた人」とが出てきます。

さて、あなたは現在、精神面での成長が続いていますか?
それとも精神面での成長が、止まっているでしょうか。


先日、こんな詩を目にし、改めて本当の青春とは何かということを考えました。


青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな創造力、炎える情熱をさす
青春とは人生の深い泉の清新さをいう
青春とは臆病さを退ける勇気 
安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する
時には、20歳の青春より60歳の人に青春がある
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき初めて老いる
歳月は皮膚にしわを増すが、
熱情を失えば心はしぼむ
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い 
精神は芥になる
60歳であろうと、16歳であろうと人の胸には、
脅威に魅かれる心、
幼な子のような未知への探究心、
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある人から
神から、美・希望・喜び・勇気・力の霊感を受ける限り
君は若い霊感が絶え、
精紳が皮肉の雪に覆われ、
悲嘆の凍りに閉ざされる時、
20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波を捕らえる限り、
80歳であろうと人は青春にして己む


本当に考えさせられる詩です。聖書にも年老いてなお青年の志で生きた人が何人も登場します。75歳で祖国を離れ新しい地に向かったアブラハム、80歳で出エジプトを指揮し数百万のイスラエル人を約束の地に導いたモーセ、85歳でアナキ人を追い出しヘブロンを手に入れたカレブ、いずれも主にあって心若き人々です。


預言者ヨエルは、「若者たちは幻を見る」と言いました。つまり、若々しさのしるしはVisionを持つことだということです。あなたはVisionをお持ちですか。ぜひ若さの証しであるVisionを持って、いつまでも若々しく生きてください。



今日の一言:Visionを持つことこそ若さのしるし



鶴田健次



下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨




2017.04.01 04:02 | お知らせ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.