FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ラスベガス日本人教会では日曜礼拝と平行して、別室で子供達のためのサンデースクールとユースのクラスが持たれています。

0-2歳児のためのナーセリークラス
3-6歳児のためのプリ・キンダ-クラス
7-10歳児のためのエレメンタリ-クラス
11歳upのためのユースクラス

今週は、0-2歳児のナーセリークラスをご紹介します。
先生は香織先生、和美先生、早希先生の3人で、毎週交代でナーセリーを担当しておられます。
今回2月7日の担当は早希先生でした。

DSC02653.jpg

最初はお祈りから始まります。小さくても分かる言葉ではっきりゆっくり神様への感謝と、神の御手によりクラスを導いてくださるように子供達と心合わせてお祈りします。

お祈りの後、『リトミックで1・2 さんび』という毎月1つずつ新しいリトミックダンスを通して賛美を習います。ただ賛美をするより、子供たちは体を動かしてリズムを取りながら賛美を表現するリトミックダンスをとても喜んでいるようです。2月は『2匹のさかなと』の賛美を踊っています。

リトミックダンスの後は、『ちいさいせいしょのおはなし』の絵本を使って聖書を分かりやすく先生が読んでくださいます。 今月は『モーセとイスラエルの人々海の中のかわいた地を行く』を学んでいます。モーセが生まれてまもなくエジプト王のパロの娘に拾われ育てられてから、成長したモーセは神の御声を聞きたくさんの人を引きつれエジプトから出て行こうと試みます。モーセ達を行かせたくなかった王・パロは、兵隊達と共にモーセの後を追っていくのですが、 神様の手によって海が割れパロの兵隊たちから逃れたというお話でした。

そしてお話を聞いた後、神様によって割られた海をクラフトで作りました。このクラスの子たちはまだハサミを使うには幼いので、先生の助けを借りてのりで青い画用紙を箱に張り、海を一生懸命作っていました。

こうして毎月、『Easy Christian Crafts』というクラフト教材にそってテーマを選び、聖書箇所やそれにちなんだ賛美を学び、子供達が手を使ってクラフトを作成したりします。そして最後に神様への感謝と一人一人の上に神様のお導きが有るように祈って終わります。

ナーセリーのクラスは、香織先生が重荷を持って毎週のカリキュラムを計画してくださっています。 この内容のほかにも、 ”Candle Bible for Toddlers”という小さい子供向けの聖書を使って紙芝居をしたりします。

香織先生がナーセリークラスを担当するにあたり一番重視されていることは、教会の礼拝堂にも掲げてある『神は愛なり』ということを子供達に伝えていき、子供達の救いへと繋げていくことです。

将来を担う希望の有志たちがこうして小さいうちから神様に触れる機会を持つことは素晴らしい事です。特に1・2歳児は言葉を覚えはじめ、色々な事ができるようになり、行動範囲も広がるのと同時に、自我が芽生えてきます。そんな大切な時期に、神様の御言葉に日々触れることによって、子供たちは健全な心が養われ、正しい人格形成が成されていくのです。

『子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受けいれる者でなければ、決してそこに、入ることはできません。』そしてイエスは、子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福された。(マルコの福音書 10:14-16)

(ブログ制作チーム: Sao)

2010.02.12 00:00 | 子供ミニストリー
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.