LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

weakStrong.jpg 

目を疑うような映像、しかもそれは母国 日本で起こった災害・・・2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から早くも6年が経過しました。 

ずっと昔の事だったような。。。まだ最近の事の様な。。。出来事です。 

日本からだけではなく、世界中の国の方々からの様々な形での支援が送られ、たくさんの祈りが奉げられた事を覚えています。そして、その支援に対する被災者の方々の対応、感謝の表現は日本人としてとても嬉しく、誇らしく思ったのを覚えています。

今なお仮設住宅で暮らしている方々、被災の跡がそのまま残っている地域などまだまだ、支援を必要としていらっしゃる方々、地域が多くあることも事実の様です。 

私自身、この時はまだクリスチャンでもなく、教会にも足を運んでいない頃でしたので、この災害について「クリスチャン」として考えることはありませんでした。
しかし、昨年、出身地 熊本でも大きな地震があったからか? 今年はクリスチャンとしてこの災害の事を少し見てみたいと思いました。勿論、東北地方太平洋沖地震も熊本地震も、そして様々な国で発生している地震等は、神の支配の元発生したことで、この理由に関しては私たちの知りえないことであります。ですが、被災されたクリスチャンはどのようにこの時期を生きられたのか? 教会はどのような活動をされたのか? この災害を通してどのような人が救われたのか?知りたいと思いました。

インターネット上の記事を読んで心に残ったことは。多くの教会、クリスチャンの集まりの中で沢山の祈りが奉げられていた事、そしてクリスチャンだった方は、災害で信仰を失った方もいらしたようですが、それ以上に災害を通して信仰深くなった方が多くおられたこと、ノンクリスチャンだった方は、困難な生活の中、何かの支えが必要だった中、聖書に出会い、教会に足を運ぶようになりイエス様を知り、信じ、心に平安が与えられた方々がいらっしゃった事でした。

あのような人間(自分)の想像や力を越えた出来事が起こった時に、クリスチャンは全能の神に完全に頼りきり(明渡し)、心からの祈りを奉げ、ノンクリスチャンは自分の力・能力を超えた存在・助け人を探し頼るようになり、神の存在・能力・愛をはっきりと知るのかも知れない・・・と思いました。そして、どんな状況下にあっても私たちには、主に祈り、頼り,委ねることができる幸いを思いました。 

聖書の中には、一見私たちの常識に反し、それをくつがえすような御言葉がありますが、被災された方々、被災地で大変な時を過ごされた方、またまだその途中にいらっしゃる方の証等を読ませていただくと、この御言葉が心を突きます。 

「すると主は、『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。」 
(コリントの信徒への手紙二 12章9~10節)

困難や試練の中にも主は共におられ人々を強められたこと、主は永遠で一番の支援者であられる事を改めて思いました。
もっと多くの方が癒し主 イエスキリストを知り、救われます様に。そして、まだまだ困難の中にいらっしゃる方々に、主からの平安と癒し、力が与えられます様にお祈りいたします。
アーメン
(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.03.13 12:03 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.