LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

20170308a.jpg 

「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」マタイ2540

 

ある友人の話です。「何が自分にふさわしい奉仕なのか」わからなくて、絶えず祈り求めていた友人がいます。

教会ではいろいろな場合に働き人が必要なため、数々の奉仕をしていましたが、振り返って考えてみると忙しかっただけで、はっきり言って何一つ心から喜びを持って働いたとは言えませんでした。

 

そして毎日の祈りの中で、「神様、私がすべき奉仕は何ですか?私でなければできない奉仕があるはずです。それを私は知りたいのです。教えてください」、と祈っていました。

毎日祈っていると、ある時ひとつの思いが与えられました。それは、「特別なことは何もない、ただあなたの周りを見回してごらんなさい、そこにあなたのするべき働きがある」、というメッセージが示されたのだそうです。

友人は、教会関係や仕事関係や趣味の関係やノンクリスチャンの関係などあらゆる知り合いを心の中で手繰っていくと、ある人が思いの中で浮かんできました。

その人は「Uさん」といって、カトリックの友人ですが何年も連絡が途絶えていた人なので不思議に思いました。

 

それから何日も経たないうちに、突然Uさんから携帯電話にテキストが届き、友人はビックリしました。そして、これが祈りの答えだと思いました。

しかし、そこには、驚くべきことが書かれていました。

「私はここ半年以上病気で入院しています。いろいろな病気が併発してたくさんの治療をしてきましたが、先日、治る見込みがないことを医者から知らされました。今は体力も無く、ベッドの上で横になっているしかありません。あとどれだけ生きられるか分かりませんが、ただ、このまま人知れず死んでしまう前に、あなたにお世話になったお礼を言わなければと思い、テキストをしました。今までどうもありがとうございました。あなたからのご恩は決して忘れません。あなたは良い人生を送ってください。神様ありがとう。」と、書かれていました。

 

友人はテキストの番号に泣きながら電話をかけました。電話の中のUさんの声は力が無く、話すことさえ辛そうでしたが、病院の場所を聞き、直ぐに飛んで行きました。

ベッドの上のUさんは、様々なチューブが体に繋がって、身動きできない状態で寝ていました。体はむくんでいるようでした。

Uさんは力を絞り出して、連絡が途絶えていた間のことや、今日までの経路をゆっくり手短かに話した後、「あなたはどう? 子供たちは元気? 仕事はうまくいっている? 困っていることは無い?」、と友人に尋ねたそうです。友人は、余命いくばくも無いUさんが言った思いもかけず自分を気遣う言葉に、ただ「ありがとう!」と言って、後は声にならなかったそうです。

そして、Uさんの手をとり主に祈り、病院を後にしたといいます。

 

 

友人が話してくれたこのストーリーを聞いて、私は、十字架上のイエス様を思い出しました。ご自分を十字架につけたローマ兵のために、「父よ、彼らをお赦しください」(ルカ2334)と祈られたあの場面です。

死を目の前にして他者を思いやることができる優しさとは、いったい何なのでしょう。

友人は、Uさんの思いやりある言葉に胸が詰まったと言っていました。 

 

人間に本当の神の愛があって、他者のために惜しみなく愛を与え合っていたら、この世の中で起きている戦争やテロが無くなるし、自然破壊や放射能問題も起こらなかったかもしれない。また、虐待や自殺や暴力、麻薬の蔓延や差別なども無かったかもしれない。

神から出ている愛の力は想像を絶する威力があり、すべてをより良く動かすための神の力、いいえ、愛は神そのものなのでしょう。

「あなた自身のようにあなたの隣人を愛さなければならない」(レビ1918)という御言葉は、本当の意味での愛を知らずに生きている人間に対する切実な神の思いがこめられているのだ、と知りました。


20170308_1a.jpg 

・・・Uさんのその後を友人に聞きました。

相変わらず医者からは見はなされていますが、友人が手作り弁当を持ってお見舞いに行くようになってから、少し顔色が良い日もあるのだそうです。

Uさんが、「あなたはきっと、神様が遣わしてくれたエンジェルだ!」、と友人に言ったそうです。「じゃ、神様が奇跡を起こして直してくれるかもしれないよ」と言うと、Uさんはこう言いました。

「左手や両足の麻痺も、骨の感染症も、その他の病気も、もう手の尽くしようが無いと医者が言ってる。だから透析をやめて、ホスピスに行かないかと医者が勧めて来てる」と・・・

友人は「命は神様が決めるものだから、自分で決めちゃだめ」、と言いました。するとUさんは「分かってる。でも、我慢できないぐらい痛くて辛いときには、ホスピスに行く選択をしたい誘惑に駆られる」、と言うのだそうです。

 

友人はある夜、祈りの中で幻を見たようだと言いました。それは、天使が寝ているUさんのそばに来て何かささやくと、Uさんは微笑み、二人とも消えていったと言うのです。

それが、ただの願望なのか気のせいなのか分からないけど、Uさんは苦痛の中ではなく、寝ているうちに主の愛に包まれて昇天することを友人は信じている、と話してくれました。

 

MU

 

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。

FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.03.09 04:30 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.