LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

the-awful-reality-of-hell.jpg 
 
  私たちは、地獄の話を、火の池、または終わりのない苦しみの場所として聞きます。 これまでに、実に多くの作家たちがその事について書いています。例えば、ダンテのInfernoなどがそうです。日本と比べ、西洋の文化では、その概念に非常に身近で、映画にも、それを対象にした作品がたくさんあります。地獄の存在は、聖書の中で教えられてる確かなものです。
 
  地獄に関連する言葉として、聖書には、Gehenna(ゲヘナ)、Hades(ハデス)、Sheol(シェオル)という言葉が出てきます。ゲへナとは、アラム語のベン・ ヒノム(ヒノムの谷)からきたギリシャ語で、地獄の同義語として使われ、新約聖書に12回でてきます。また、ハデスは、新約聖書に10回でてきますが、「最後の審判まで死者が留まっている場所」で、そこは天国に通じるアブラハムの懐と、地獄に通じるゲヘナに別れています。
 
それから、シェオルは、一般的に死者が置かれる場所として旧約聖書の中に数多く見られます。ギリシャ語訳の旧約聖書ができたとき、へブル語のシェオルはハデスと訳されました。この二つの言葉は、基本的には同じ意味で、日本語では黄泉と訳されています。
 
  さて、地獄は永遠に意識のある苦しみなのか? この疑問に対する一般的な異論は、愛の神は決して永遠の苦しみの中で人々を罰することはないという考えです。しかし、私たちは神が愛であることに同意しますが、神はまた義であり、永遠です。神は悪を行なう者を罰し、その罰は永遠なのです。
 
  次に、死者は死後において意識があるのか? この疑問に対し、聖書は多くの箇所で、地獄が意識のある世界であることを明らかにしています。たとえば、民数記16:30、33などにおいては、「邪悪な者は生きて陰府に下る」とあります。マタイ8:12などでは、「泣き叫び、歯がみをしながら外の暗闇に追い出される」とあります。また、マタイ13:41-42や50では、「炎の中に投げ込まれた者は意識をもって苦しむ」ことが書かれています。さらに、黙示録14:9-11、21:8などでは、不信仰な者が「苦しみの炎の中に投げ込まれる」とあるので、これは明らかに意識のある世界なのです。
 
  それから、地獄は永遠の炎と罰の場所であると聖書は言います。マタイ3:12には、消えない炎という表現があります。マタイ5:22、29、30、18:8、9では、炎の地獄と言われています。マタイ25:41では、永遠の炎、マタイ25:46では、永遠の刑罰と言われ、黙示録20:15では、火の池と言われています。
 
  そのように、「永遠」という言葉は”aionios”というギリシャ語で、その意味は、これまでも、またこれからも、初めも終わりもないということです。また「刑罰」という言葉は”kolasis”というギリシャ語で、その意味は、厳しい苦しみの伴う罰で罰するということです。
 
  結論として、地獄は本当の場所です。それは単なる無意識の世界ではありません。それは一時的な状態でもありません。それは永遠の苦しみです。おそらく、イエス様が天国に関する話よりももっと多くの地獄に関する話をされたのは、絶対にそこに行かないようにするための警告だったのでしょう。
 
  もし、死ねばその人の存在がなくなるのであれば、なぜ人々に警告などをする必要があるでしょう。しかし、もし地獄が本当に存在し、永遠で、意識のある所なら、その警告は非常に重要な意味を持つのです。
 

LVJCC牧師:鶴田健次

ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.02.23 03:33 | キリスト教 Q & A
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.