LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 ark-with-storm.jpg

2016年7月7日 ケンタッキー州ウィリアムズタウンに「アーク・エンカウンター(箱舟との遭遇)」がオープンしました。

この施設の目玉は神がノアに作りなさいと仰せられた「ノアの箱舟」を創世記6: 14-16に記してある通りのほぼ実物大(長さ約155m/510ft.、幅約26m/85ft.、高さ約16m/51ft.)に再現した世界最大と言われる木造建造物です。
(聖書中は、長さ300キュビト(133.5m)、幅50キュビト(22.2m)、高さ30キュビト(13.3m))

また箱舟の中も、聖書に記してある通り3層になっており、聖書の事、ノアの箱舟の事等を中心に様々な展示があります。箱舟の外には、動物園やレストラン、ジップライン、化石を発掘する施設などが備えてあります。更に、閉館後から翌日にかけてノアの箱舟に滞在できる「OVERNIGHT ADVENTURES」と言うプログラムもあるようです。

noah-background.jpg 

exhibits.jpg 

blacksmith-fire-wall.jpg 

noah-interview-movie.jpg 

 この「アーク・エンカウンター(箱舟との遭遇)」は、米ケンタッキー州にある創造博物館を運営する宣教団体「アンサーズ・イン・ジェネシス(答えは創世記に)」(AiG)によって建設(製作)、運営されています。


私は、聖書の中に明確・詳細に神からの指示がある「ノアの箱舟」「幕屋」「神殿」等の箇所を読む度に聖書の御言葉を頭の中で図化(イメージ化)しようと挑戦しました。 ですが、あまりにも詳細過ぎて私にはできませんでしたので、インターネットにあるイメージ図の力を借り、私なりのイメージを作り上げ、その中で行われる(行われた)ことを想像しました。 特に、2014年に公開された「Noah (ノア―約束の舟) 」を見た後は、箱舟の事は勿論、箱舟製作、箱舟の中での生活中のノア、そしてノアの家族の気持ちを考えずにはいられませんでした。

主の心にかなった人であったノア。

悪が増大していたその時代に、神が仰せになった通りにこんなに大きな舟を約100年と言われる歳月をかけて製作し続け、箱舟の中に動物と共に入り、大洪水を経験したノアとノアの家族。

私にその信仰があるだろうか・・・・?

神は、ノアの時代の人々にも神と共に歩むことを願われましたが、人々はその道を選ばず滅びました。同様に、この時代も神は一人でも多くの人が主に立ち返り、救われることを願っておられます。イエス様は再び来られます。それは、ノアの日の様に。

マタイの福音書24:37-39
37人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。 38 洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。 39 そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。


全ての写真は
https://arkencounter.com/
より引用。

(KS)

ブログランキングに参加しています。「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.02.21 03:26 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.