LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

2009年の夏休みに参加した伝道旅行をきっかけに、私は青年会のリーダーになる召しを主から受け取りました。前例も基盤もない、新しい働きだけに始めは何から始めていけばいいのかと不安でしたが、必ず主がこの働きを導いてくださると信じて青年会が立ち上がりました。

主は、ラスベガス日本人教会の青年会を『ARK』と名付けてくださいました。これは、ノアの箱舟のお話からです。高い丘の上に箱舟を造り始めたノアの姿は、人間にとって始めは愚かだったのかもしれません。何人もの人が彼を馬鹿にしました。しかし、ノアは、そのような人間の言葉に耳をかさず、ただ主のおっしゃることだけに忠実でした。そして主がおっしゃる箱舟の高さ・長さ・深さを正確に守り、箱舟を完成させていきました。

青年会ARKも、基盤を作ってくださるのは主です。私たちはただ、主の声に忠実に聞き従い、この働きに用いられたいと思います。ARK(箱舟)は、イエス様の十字架を象徴しています。このARKの働きを通して、多くの学生が福音を聞くことが出来るように、主がこの新しい年も導いてくださることを期待して、仲間と共に祈りと賛美をもって歩んで行きたいと思います。     

2010年に入って、本格的に青年会の働きが始まり、毎週日曜日の礼拝後に賛美と聖書の学びのときを持つようになりました。最近になって、新しい学生たちが教会を訪れてくれるようになりました。主のご計画はいつも完璧で、そのために主が送ってくださった兄弟・姉妹であることを確信し、感謝しています。ある兄弟は、主のために何かご奉仕がしたくてたまらない!と言ってギターの練習を始めました。決して自らを喜ばせるためではなく、ただ主のために・・と熱意を持って働いてくれる仲間にとても励まされています。ある姉妹は、入門者クラスを受け始めました。聖書を学び、もっと神様を知りたいと思っている姉妹が喜びをもって参加出来る、青年会を作っていきたいと思います。

IMG_7254.jpg

青年会の働きは、主にあってとても祝福されています。弟子訓練用の英語のテキストを日本語に訳しながら、聖書の学びをしています。主が聖霊を通して導いてくださっているので、兄弟・姉妹とのディスカッションの中で毎回新しい発見があります。また賛美では、学生クリスチャンが集まるカンファレンスなどでよく賛美される曲を選び、教会に初めて来てくれた人でも楽しんでもらえるような賛美のときを持つようにしています。またその賛美の曲と歌詞を通して、私たちが讃える神様を多くの学生に証ししていければと願っています。

また、祈りの時を通して青年会が聖別されるように祈ります。祈るというクリスチャンの習慣から、祈りには届く場所があること、主の御名によって祈ることの大切さを証ししていきたいと思います。また、イエス様が人々との交わりを深めるために食を共にされたように、私たちも食事会を開いて交わりを深めたいと思います。昨年の10月には、LAで行われたクリスチャン集会に2人の兄弟・姉妹と共に参加しましたが、将来は、青年会メンバーで巡回伝道旅行をしたり、他州で行われるクリスチャン集会に参加することもビジョンのひとつです。

主は誠に生きて働かれるお方です。また、何もないところに新しいものをお造りになられるお方です。青年会ARKがこのラスベガス日本人教会に立ち上がったことを通して、鮮やかに主の御業を見ることが出来ます。主の栄光を表すため、主を賛美し褒めたたえるために、この青年会が用いられていきますように。愛する兄弟・姉妹の皆様、これからも青年会ARKを覚えてお祈りをお願い致します。

IMG_7230.jpg
IMG_7200.jpg
(ブログ制作チーム: 早希)
2010.02.05 00:00 | 青年会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.