LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

trustJP.jpg 

1月中旬から約2週間程、カリブ海の島々へ出張がありました。海が好きなこともありますが、仕事・プライベートで訪れるチャンスが多く与えられる地域です。

今や全世界!と言っても過言でない位日本車は世界中で運転されていますが、カリブ海に浮かぶ小さな島々でも日本から来た中古車が元気に走り回っています!
「〇〇スイミングクラブ」と書いてあるマイクロバスを見たり、「〇〇瓦店」と書いてある軽トラックを見ると、懐かしくもあります。
(写真を撮るのがあまり得意でないのと・・・タイミングが悪く・・・実物写真がなく。。申し訳ありません・・・)

 2cars.jpg

近年では、韓国車も勢いを増してきましたが、タクシーの運転手さんや仕事の関係者は口をそろえて「日本車が一番人気で高価だ!」と言います。それを聞く度に「ありがとうございます!」と微笑まずには居れません。

比較的経済的に強い島には日本車のディーラーもありますし、新しいタイプの日本車が走っていますが、小さく経済があまり発達していない島では、錆びついたり、凸凹が沢山ある日本車が元気に走っています。
 
sticker.jpg 

実は、5年程前、旅行中に知り合った日本人の奥様を持つニュージーランドの方は、インターネットで日本の中古バイク(主に原付)を海外に販売していらっしゃいました。
飛行機2機とそのためのハンガー(格納庫)そして、滑走路を敷地内にお持ちだという事でしたので、日本の中古バイクの海外マーケットも、ある程度規模があるんだろうなぁ・・・と思っていました。

今回、改めて強く感じたことは
― 日本製品への信頼度の高さ
― 日本では使わなくなった物も、海外では重宝されて使われる
ことでした。

今回訪れた最初の島で、車に貼られた「Trust Japanese Vehicles 」ステッカーを見たことから、日本車へのTrustを改めて認識したわけですが、自動車社会のアメリカ在住の日本車所有者も同じ観点から日本車を選び、安心して運転してくださっているのではないかと思います。
日本の場合、車両点検・管理等が厳しいことから、多くの方々が一定の期間を過ぎると新しい車に買い替えられますし、車両としての価値が下がりますが、アメリカでは20年、30年同じ車に乗っている方も多くおられますし、10年物15年物の中古車も一定の価格で売買されます。日本での日本車の寿命は短いですが、世界での日本車平均寿命はもっともっと長いものと思います。

一方、私たちクリスチャンは、私たちの主をTrustしています。天地創造の前からそして今も生きておられる神が、御子イエスキリストをこの世に遣わしてくださり、私たちの罪の為に十字架の上で死に、3日後によみがえられた救い主であることを信じ(Trust)することによって、罪がゆるされ、永遠の命を与えられました。
私たちのこの世界での寿命を知ることはありませんし、世界のどこでこの命を終えるかも知りませんが、主はいつも共に居てくださり、心に平安を与え続けてくださっています。そして、天で永遠の命を与えてくださる!
私たちの主をTrustすることによる、平安(安心)、そしていつか亡くなる命ではなく永遠の命を与えてくださる恵みと、変わることの無い、その永遠の約束、ご計画の大きさ、そしてその確実性を改めて思いました。


イザヤ書46:9-10
9 遠い大昔のことを思い出せ。
わたしが神である。ほかにはいない。
わたしのような神はいない。
10 わたしは、終わりの事を初めから告げ、
まだなされていない事を昔から告げ、
『わたしのはかりごとは成就し、
わたしの望む事をすべて成し遂げる』と言う。

(KS)

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨
2017.02.07 04:57 | その他の地域・国
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.