LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

新年おめでとうございます。

母親の心 

この話は以前読んで、心に強く残っていたお話です。

ショッピングモールでのこと、若いお母さんが赤ちゃんを抱っこして、4-5歳ぐらいの男の子の手をひいて歩いていました。男の子はぐずりながら泣いていました。お母さんは男の子に腹を立てて、イライラした鬼のような形相で怒りました。
「ほら、行くよ!」
「早く歩いて!」
男の子は立ち止まって、もう1っ歩も動きません。お母さんはとうとう逆上して、思わず男の子のほっぺたを平手でたたきました。
「バチーン!」
男の子は大声で泣き叫び、道行く買い物客は、母親を非難する目で見ました。「かわいそうー! たたかなくったって!」、「虐待よー!」、「通報する?」、なんて言ってる人もいました。モールの通路に立ち止まって、成り行きを見ている人達もいます。
 
そこへ年配の女性がやって来て、こう言いました。
「まぁ、まぁ、お母さん、大変やねー。
赤ちゃん生まれてから、ちゃんと寝てないんでしょ?
そりゃ、イライラもするわネー。」
「ぼく? ぼくも頑張った、頑張ったねー。よく泣いたね、偉い、偉い!
きっと、赤ちゃん生まれてから、お兄ちゃんだから、我慢しなさいって、
ずっと頑張ったのよねー。 
あー、偉い!、偉い!」
「お母さんも、ぼくも、二人とも偉い!、偉い!」
そう言って、お母さんと男の子の頭を撫でて、そこを去って行きました。
その言葉を聞いてお母さんの顔は泣き顔に変わり、男の子を抱きしめてわんわん泣きました。
その場にいた人達は、もう、お母さんを非難する目で見る人は一人もいませんでした。
誰かがそっと、ティッシュペーパーを渡しに行きました。

この出来事を一部始終見て記事を投稿した方は、
「私は、何もできなかった。
お母さんに声をかけることも、男の子に声をかけることも、ティッシュを渡すことも。
あのおばあちゃん、すごいなー! 
私たち通行人は、その場だけ見て判断してしまった。
子どもを殴るなんて、最低な母親だ。幼い我が子を人前で・・・ってね。
このお母さんは、子どもと一緒になって声を上げて泣いた。
泣いている姿を見て、子育てがいかに大変なのか分かった。」
そして、
「あのおばあちゃん、小さいお兄ちゃんにも声をかけたな。
よく泣いたね、偉い! 偉い!って・・・
どこからそんな言葉が出てくるんだろう・・・
あ~、かなわないな!
自分は何てちっちゃいんだろう。
あーーーッ!ちっちゃいなー、私って!
あのおばあちゃんみたいに、さらっと力を貸せる人になりたいなー。
そうだ、そうだった!
今起きていることは、全て私に必要なことなんだ。
赤ちゃん抱いてるお母さんも、泣いている男の子も、
素敵なおばあちゃんも、取り巻く人たちも、全部、私なんだ!
そうだ、そうだったんだ!」
と、締めくくられていました。

これを投稿した方は、神様のご計画をはっきり知りました。クリスチャンかどうか分かりませんが、もしイエス様を信じる方でなければ、求めておられる方に違いありません。神様の救いの恵みを受け取られますように。
マタイ7:8に、「だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。」と書かれてあります。

(MU)


ブログランキングに参加しています。
「キリスト教」「人気ブログ・・・」をクリックで応援していただけますと幸いです。
FBをお持ちの方は、よろしければ「いいね」「シェア」のクリックもお願いします。
✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2017.01.04 02:48 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.