FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

「私たちは神の作品」(エペソ2:10)


神は地上のすべての生き物に、それぞれ特別な能力を与えられた。ある動物は走るのが得意である。また、あるものは跳び、あるものは泳ぎ、あるものは穴を掘り、そして、あるものは空を飛ぶ。それぞれが神に創られた目的に基づいて、特別な役割を持っているのだ。そして、それと全く同じことが人間にも言える。私たちは、それぞれ独自性をもってデザインされ、またある事をするために造られたのである。

建築家は、どんな新しい建物を設計する時でも、まず最初に、「建物の目的は何か?」、「どのように使われるのか?」と尋ねる。なぜなら、意図する機能が建物の形を決定するからである。

神は、私たちを創られる前に、私たちに地上でどんな役割を果たして欲しいかを決められた。神はまた、私たちにどのように仕えて欲しいかを綿密に計画し、それから、その働きのために私たちを形造られたのである。私たちは、ある素晴らしい働きのために造られたので、今の私たちがあるのだ。
 
聖書は、「私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られた(エペソ2:10)」と言っている。私たちは、神の御手で造られた最高傑作だ。私たちは、何の考えもなく、流れ作業で大量生産されたようなものではなく、特注で造られた、この世に二つといない最高傑作なのだ。

神は、私たちの働きを独自なものとするために、その事を意識しながら私たちを形造られた。神は私たちを造るために慎重にDNAレシピを混ぜ合わせられたのだろう。ダビデは、神が私たち一人ひとりをデザインする際に払われた信じられないほどの細かい個人的な配慮を覚え、神をこのように褒め称えている。 

「あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。わたしはあなたをほめたたえます。あなたは恐るべく、くすしき方だからです。あなたのみわざはくすしく、あなたは最もよくわたしを知っておられます。」(詩篇139:13-14)

神は、私たちが生まれる前に私たちを形造られただけではなく、私たちを支え導くために、私たちの人生の日々を計画されたのだ。ダビデは続けてこう言っている。

「あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日のまだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。」(詩篇139:16)

これは、私たちの人生で起こるすべての事は何一つ重要でないものはないということだ。神は、人々に対する働きのために、また神への奉仕のために、すべてのものを用いて私たちを造り上げられるのである。

神は何一つ無駄にされることはない。神は、それらをご自身の栄光のために用いようと意図しておられなければ、私たちに能力や、関心や、賜物や、個性や、経験などを与えられなかった筈だ。だから、与えられているこれらのものを見極め、理解できれば、私たちの人生における神の御心を発見できるのだ。

聖書は、私たちが神の作品であると言っている。なんという有難い言葉であることか。また、私たちは多くの違った要素が組み合わされた驚くほどに素晴らしい存在なのだ。神が私たちをそのようなものとしてお造りになったのは、私たちが神の栄誉を宣べ伝えるためなのだ。

「この民は、わが誉を述べさせるために、わたしが自分のために造ったものである。」(イザヤ43:21)


(LVJCC担任牧師: 鶴田健次)
2010.01.22 00:00 | 牧師の独り言
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.